ココ・アヴァン・シャネル

仕事帰りに『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。
e0023223_16395692.jpg修道院で育ったガブリエル・シャネルは、洋裁店で働きながら、姉とカフェで歌を唄って生活していた。そこで出会った裕福な貴族、エティエンヌ・バルザンに気に入られ、彼の家で暮らし始めた彼女は、様々な上流階級の人々と出会っていく。そこで彼女はアーサー・“ボーイ”・カペルという不思議な魅力のある男性と出会う。彼は彼女の才能を見抜き、彼女が帽子店をオープンするための資金援助をし、二人の仲は深まっていくのだが…。

ファッション・ブランド“シャネル”の創始者である
ガブリエル・シャネルの成功するまでを描いた映画。
シャネルの特徴的なアイテムが誕生するきっかけなどが描かれている
そうなので、ファンの人には必見かも。
「アメリ」オドレイ・トトゥが可愛く演じています。

正直、不幸な生い立ちなど暗い部分をあまり見えなくして
爽やかにまとめた展開には、物足りなさを感じました。
去年公開した「エディット・ピアフ 愛の讃歌」の方が波乱に満ちてて迫力もあったし、
比べちゃいけないが、イマイチ002.gif
評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2009-10-08 21:39 | MOVIE