キャデラック・レコード

ビヨンセ出演の『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』を
観てきました。って、タイトル長い・・・008.gif

e0023223_2113721.jpgポーランド系移民のチェスは、黒人差別が残るシカゴの黒人街でバーのオーナーをしていた。そこへギタリスト、ウォーターズとハーモニカ奏者のウォルターたちと出会い、彼らの才能に目をつけたチェスは、自ら「チェス・レコード」を設立し、2人の売り出しに成功する。その後もブルースやロックミュージシャンを発掘し、驚くほどの成功を収めるのだが、時代はどんどん変化していく…。

50年~60年代のブルースの名盤を生み出したチェス・レコードの伝記映画。
今作で、プロデューサーも務めたビヨンセがエタ・ジェイムズを熱演!
ドラック漬けの演技も迫力ありましたが、歌ってるシーンは、もっと凄くて
聞き惚れてしまい、こっちまでつられ泣きしそうになっちゃいました007.gif
音楽好きにはたまらない一作かも!?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2009-08-17 21:01 | MOVIE