ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ

お友達ともう1本観ようということになり、『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
観ることにしました。
e0023223_1702957.jpg才能がありながら放蕩三昧を続ける小説家・大谷がある日、飲み屋で酒代を踏み倒したあげく、店の売上金を盗み逃走したと、自宅にお店の夫婦が訪ねてくる。何も知らずにひたすら謝る妻・佐知は、肩代わりするため、飲み屋で働き始めるのだが・・・。



今年のモントリオール映画祭 監督賞受賞作品。
現実を受け止め、夫をけなげに愛し続ける妻・佐知を演じた松たか子
強くて綺麗です。
この映画では、浅野忠信妻夫木聡堤真一と3人が
それぞれ違うタイプの男性を演じています。
宣伝では、浅野さん演じる夫が世間から見て一番ダメ男のように言われていますが、
才能はあり、時に鋭く、時におちゃめな姿には、
女性がほっとかないのもわかる気がしました。
個人的に、1番ダメ男は堤さん演じる辻でしたけど、観る人によると思うので
ぜひ、劇場で自分はどのダメ男にハマりやすいのか?考えてみてください(笑)

今年、生誕100周年を迎えた太宰治
教科書以外、気が重くなりそうだからちゃんと読んだことなかったけど、
他の作品も含め、太宰の本が読みたくなりました001.gif
評価 ☆☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2009-10-10 21:01 | MOVIE