おとうと

新宿→渋谷と移動し、友達とランチ&お茶後、『おとうと』を鑑賞。
e0023223_014869.jpg東京の一角で、小さな薬局屋を女手一つで営む吟子は、早くに夫を亡くし、娘の小春を育てながら義母の絹代と3人で暮らしていた。小春の結婚も決まり、吟子は安堵していたが、結婚式当日の披露宴に、突然音信不通だった吟子の弟・鉄郎が紋付き袴姿で現れてしまう…。

約10年ぶりとなる山田洋次監督による現代劇。
2008年に逝去した市川崑監督作の『おとうと』にオマージュを捧げた
作品だそうです。
主演は、吉永小百合笑福亭鶴瓶
ダメな弟がぴったりなつるべーとしっかりものの姉を演じた吉永小百合は
まるで本当の姉弟のようです。
ストーリーは、おおよそ予想がつくものの、ある意味
日本の古典的な展開に劇場内のお客たちも笑って最後は泣いてました。
劇中で「金持ちはケチなのよ」と義母が言うシーンで、「そうよ!!」と
言ってたおばさんがいて、場内では笑いと「その通り!」と思った方々が
多数いましたが、満席なのも納得なほど、わかりやすく観終わった後に
良い映画だったねと話ができる、これぞ日本映画って映画でした。
評価 ☆☆

A子ちゃん、今日は、新宿→渋谷と連れまわしてごめんなさい040.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-11 20:40 | MOVIE