酔いがさめたら、うちに帰ろう

今日は、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』を観ました。
e0023223_15261221.jpgお酒を飲んでは気絶していた戦場カメラマンの安行。人気漫画家の由紀と結婚し、二人の子供にも恵まれたが、安行のアルコール依存症が原因で離婚していた。ある日家に帰った安行は吐血し、救急車で搬送されてしまう。家族のためにと安行は嫌々ながらもアルコール病棟に入院するのだが、そこで出会う風変わりな入院患者たちとの生活の中で、不思議な安堵感を覚えていく。次第に体力も心も回復してゆく安行だったが、もうひとつ大きな病気が安行の体を蝕み始めていた。

戦場カメラマン鴨志田穣が、アルコール依存症の経験をもとに
書き上げた自伝的小説を映画化。
入院生活を通して見えてきた元妻・西原理恵子や家族との絆を描いています。
自分勝手だけど憎めない主人公を浅野忠信が演じていて、
ヴィヨンの時とはまた違う魅力あるダメ男を熱演しています。
妻、母としての強さと弱さを見事に演じた永作博美も素晴らしくて、夫婦の絆の強さや子供たちの姿にじわじわ泣いてしまいました007.gif
お友達から夫目線で作られたのが「酔い~」だとしたら「毎日~」は
奥さん視点と聞き、来年公開の「毎日かあさん」に凄く期待が高まりました。
公開が楽しみ001.gif
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2010-12-04 23:44 | MOVIE