洋画2本立て

というわけで、久しぶりにはしごしてみました。
まずは、『抱きたいカンケイ』
e0023223_20423132.jpg15年前のサマー・キャンプで出会ったエマとアダム。親の離婚で落ち込んでいたアダムを励ましてあげたエマ。それ以来、数年置きに何度か偶然の再会を重ねていたものの友達以上にはならなかった2人。ところがある日、アダムの元カノが自分の父親の恋人になっていたことにショックを受け、落ち込んだアダムがエマのうちで酔いつぶれてしまう。それをきっかけに勢いで男女の一線を越えた2人だったが、病院に勤める研修医で週80時間労働、恋の駆け引きをしているヒマもないエマは、アダムにセックスフレンドを提案。ショックから立ち直るためと軽い気持ちでアダムも同意したものの、刺激的で楽しい関係から次第にエマへの気持ちが本気に変わってしまう…。

アカデミー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン
ラブコメによく出るアシュトン・カッチャーの2人が贈るラブストーリー。
生理痛のお見舞いにカップケーキと手作りスープを作ると
尽くしまくりのアダムには、こんな彼が欲しい!!と、思わず願ってしまい
王道のラブコメに完全にハマってしまいました。
唯一キモかったケヴィン・クラインの中年オヤジの鍛えた体にはオェーってなったけど、
女子必見のラブコメです!!
評価 ☆☆☆

次は『わたしを離さないで』
e0023223_2040529.jpg自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャムで学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた。18歳になって校外の農場のコテージで共同生活を始めた3人は生まれて初めて外界に触れ、自分たちの過酷な運命のことなど忘れてルースとトミーは恋を育んみ、キャシーは孤独を感じるようになる。そして3人の関係が微妙に変化していく中でキャシーはある決断をするのだが、そこにはあまりにも悲しい結末が待っていた…。

イギリス最高の文学賞・ブッカー賞受賞作家のカズオ・イシグロによる同名小説を映画化。
キャリー・マリガンキーラ・ナイトレイアンドリュー・ガーフィールドの3人の
若手俳優の痛くて美しい演技に、まるで詩を読んでいるような映像が重なって
独特の世界観を堪能できました。
とっても切ないお話だけど、逃避したい気分な人にはオススメかも。
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2011-04-26 20:30 | MOVIE