期待し過ぎた?

今日は映画の日だったので、横浜で2本立て。
1本目は久々ラブコメでかなり期待した『ステイ・フレンズ』
e0023223_22561386.jpgNYで人材のヘッドハンティングを仕事にしているジェイミーは、LAで活躍していた敏腕アート・ディレクターのディランをGQのアート・ディレクターとしてヘッドハンティングする。彼を説得して転職させ、NYでディランが暮らすようになってからも気の合う2人は、良い友人関係を続けていた。打ち解け合ううちに、ジェイミーもディランも恋愛での失敗から心から恋愛を楽しめなくなっていることに気づき、ある日、恋愛抜きでセックスだけの契約を結ぶ。最初は楽しかった2人も関係を重ねるにつれ、互いの気持ちに微妙なズレが生まれていき、ディランに新たな転職話が舞い込んでしまう…。

主人公を演じた2人には、ミラ・クニスジャスティン・ティンバーレイク
楽しいラブコメではあるけれど、日本でもうすぐ公開する「ラブ&ドラッグ」並みに脱ぎっぷりが良すぎて、その度胸は認めるものの若干デジャブみたいな状態に。
脱げばイイってことではないなと、少しひいてしまい…042.gif
そのうえ、ジャスティンがGQに転職、ゲイの同僚を演じるウッデイ・ハレルソンはマンハッタンまで自家用ボートで通っているとか、普通の人が羨むような生活が観客の現実とかけ離れているし、一番ショックだったのはミラが映画の中で着ていた衣装とまったく同じ服を自分が持っていたことに気づき、着る人次第でこんなに素敵なのかと本当に落ち込んでしまいました002.gif

もう1回違う機会に観たら、普通に面白いラブコメと思える気もするので、
DVDが出たら、もう1度観てみようかしら?
評価 ☆☆

落ち込んだ気持ちを買い物で癒してから『リミットレス』を鑑賞。
e0023223_22564382.jpg作家志望のエディは、出版社と契約を交わしたものの一行も書けず、恋人にも捨てられ、落ちぶれた生活を送っていた。そんなある日、元妻の弟・ヴァーノンと偶然出会い、1杯飲むことになった。薬品会社のコンサルタントをしていると語る彼は、エディに開発されたばかりの新薬を渡す。その薬を飲んだエディは、出版社も絶賛するような傑作を書き上げたが、薬には脳を100%活性化する作用があったからだった。翌朝、元の自分に戻ったエディは薬の効果に驚き、ヴァーノンの家に行くのだが、彼は部屋で殺されていた。警察が来る前に薬を見つけたエディは、小説をさらに書き上げ、証券取引も始めて大金を手に入れ生活が一変する。噂は広まり金融業界からも注目されるようになったエディは、新たな世界で成功を掴み始めたが、ある日尾行されていることに気づき、身の危険を感じたエディは、ヴァーノンの姉で元妻のメリッサと会う。そこで彼女から薬の効果と副作用の話を聞いて愕然とする。

「ハングオーバー」ブラッドリー・クーパーが主役を務めたサスペンス映画。
顔やカッコ良すぎるせいか、芝居が軽く見えてしまうのがかわいそうなブラッドリー。
ストーリーも良くも悪くもなく、特別傑作とも言えないけれど、サスペンス好きな人は
観ても良いかも。
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2011-10-01 20:43 | MOVIE