東京国際映画祭①

昨日から始まった東京国際映画祭。
今年は仕事の都合もあり、3本鑑賞予定。
本日は、「キツツキと雨」
e0023223_229501.jpg山村で木こりとして働く岸克彦は、ある日ゾンビ映画の撮影隊と遭遇し、戸惑いながらも無理やり手伝わされる羽目に。一方、新人監督の幸一は気の弱さから現場スタッフをまとめきれずに逃げ出してしまう。初めは互いに距離を置いていたが、脚本を読んで感動した克彦の計らいで、村人たちの協力を得る。撮影も順調に進み、次第に幸一にも監督としての自信がついてきたのでが…。

「南極料理人」沖田修一監督の最新作。
主演は役所広司小栗旬
今回、コンペ作品の中で唯一の邦画として選ばれた作品だそうです。
南極料理人が面白いと思った人には楽しめる1本ですが、
とにかく日本人らしいというか、丁寧にまとめているので129分と
上映時間が長い008.gif
私は集中力が持たず、途中でダラけてしまいましたが、
邦画好きな方には楽しめるかも!?
舞台挨拶時の監督の挙動不審さがかわいらしくて、新調したジャケットを電車の中に忘れて
結局、ヒルズで新たに買い直したってエピソードには、観客も苦笑いしてましたが、
その人柄が映画に現われていて、ほのぼのと温かい映画ではあります。
公開は来年2月11日。
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2011-10-23 22:03 | MOVIE