ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

今日は映画の日。
タイトルの長い『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。
e0023223_2347372.jpg9.11同時多発テロで父親を亡くした少年オスカーは、突然の死を受け入れられずにいた。そんなある日、父親の部屋のクローゼットから封筒の中に1本の“鍵”を見つける。父親が残したメッセージかも知れないと思ったオスカーは、その鍵の謎を探しにニューヨークの街へと飛び出したのだが・・・。

愛する人を失った事実を受け入れられない少年の心の葛藤と再生がとてもリアルに、
そして丁寧に描かれていて、正直、期待してなかったからこそ、
涙が止まらない傑作でした007.gif
突然の別れを余儀なくされた人々の苦しさが痛かったし、周りの人々のほんの少しの
優しさが心にしみるけれど、少しずつ前向きになる少年や母親に希望を感じました。

同名小説の原作を「リトル・ダンサー」スティーヴン・ダルドリー監督が映画化。
この監督はやっぱり少年が主人公の作品を撮らせるとホントうまい!
父親役はトム・ハンクス、母親役はサンドラ・ブロックとアカデミー賞受賞コンビ。
今年のアカデミーで助演男優賞にノミネートもされたマックス・フォン・シドー
無言の演技も印象深く、主役の少年トーマス・ホーンの新人とは思えない演技にも脱帽。
誰かと観るよりは1人で静かに観ることをオススメしますが、かなり泣くので
ハンカチを忘れずに001.gif
評価 ☆☆+0.5

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-03-01 23:42 | MOVIE