空中庭園

今日は祝日\(^O^)/
買い物に行ったついでにもうすぐ閉館になるユーロスペースに
久しぶりに行きました。
空中庭園」という『対岸の彼女』で直木賞を受賞した
角田光代の同名の小説を『青い春』の豊田利晃監督が映像化した作品です。e0023223_1840242.jpg内容は郊外の団地に住む京橋家には、家族に秘密は持たないというルールがあったが、長女のマナ(鈴木杏)はいじめられるので毎日学校をサボり、中学生の弟・コウもさぼりがち。父・貴史(板尾創路)は二人の愛人を持ち密会を重ね・・・と家族それぞれ秘密を抱えていた。ルールを守らなくてわと懸命になっていた母親だけが何も知らず平穏に暮していたように見えたが、一番の秘密を抱えていたのは母・絵里子(小泉今日子)自身だった・・・。

板尾創路が、愛人役の永作博美やソニンにいたぶられ、
ダメダメな姿はダメ男なのに愛嬌があってなぜか呆れて笑えます。
祖母役の大楠道代の凄すぎる存在感と他の女優との“女の戦い”は、
コワイけどかなり面白い!!
絵に描いたような平凡で幸せな家族なんて現実にはなかなかないかも!?
と、思うけど見終わった後、家に帰って家族とたわいない話をしたい気分に
なるようなちょっと切ない作品でした(^-^)

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2005-11-03 18:33 | MOVIE