マリリン 7日間の恋

レディースデイに運よく仕事があがれたので、ずっと観るのを
迷っていた『マリリン 7日間の恋』を観に行きました。
e0023223_011995.jpgローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンに来たマリリン・モンロー。大歓迎を受けた彼女は、初の海外撮影によるプレッシャーと再婚した夫とのすれ違いから仕事に集中できず、演技方法でもオリヴィエと対立。第3助監督のコリンだけは、マリリンの味方をするも、周りのスタッフにからかわれてしまう。撮影を順調に進めるためにローレンスから命令を受けたコリンは、マリリンのそばで世話をするよう言われるが、次第に彼女に夢中になってしまう。精神的にもまいっていたマリリンもコリンに気を許し、2人は日に日に仲を深めていくのだが…。

似てないけれど、実力派女優なだけにアカデミー賞にもノミネートされ、批評家たちから
絶賛されたミシェル・ウィリアムズのマリリン・モンロー。
内容的には、ソバカスがかわいい青年が絶世の美女マリリンに恋をする初恋物語。
青年が恋をすることで、大人へと成長する姿がゆっくりと2時間かけて描かれています。
噂どおりたわいのない話なせいか、いまひとつ盛り上がりもなく淡々とすぎていくので
途中で眠くなってしまい、必死に最後まで起きていたという感じ。
なかなかヒットしないのもわかります042.gif
ケネス・ブラナーや大御所ジュディ・デンチの演技だけが救いだったなと思える
ちょっと残念な作品でした。
DVDでもよいかもしれませんね002.gif
評価 ☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-04-11 22:46 | MOVIE