幸せへのキセキ

キャメロン・クロウ監督の最新作『幸せへのキセキ』を鑑賞。
e0023223_0104381.jpgコラムニストのベンジャミン・ミーは、半年前に病気で妻を亡くし、悲しみから立ち直れない14歳の息子と7歳になる娘と3人で必死に生きていた。だが、ついにベンジャミンは決意し、仕事を辞めて郊外に家を購入する。だが、そこは閉鎖中の動物園付きの物件だった。娘の一言で買うことにしたのだが、反抗期の息子は文句ばかり言い続け、動物園の従業員にも素人だとバカにされてしまう。なんとか夏に再オープンをと取り組むのだがトラブルばかり起こり、かさんでいく修理費に頭を抱えてしまう。そこへ思いもよらぬ亡き妻からのプレゼントが届くのだった。

「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」キャメロン・クロウ監督の新作で
ベストセラー作家の実話を描いています。
キャストはマット・デイモンスカーレット・ヨハンソンエル・ファニング
ハンサムで優しいマット演じる父親に女性は惹かれること間違いなしだし、
娘役の子役がとにかくキャピキャピしててかわいく心が癒されます。
大切な家族を失う辛さとそこから立ち直る姿を、いつものキャメロン風らしい
観る人を温かい気持ちにしてくれる作品。
正直、派手さはなくヒットはしないだろうけど、疲れている人や落ちついて映画を
観たい人にはオススメ001.gif
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-06-12 22:50 | MOVIE