ワン・デイ 23年のラブストーリー

スパイダーマンの後、お買い物をして「ワン・デイ 23年のラブストーリー」を鑑賞。
e0023223_2022597.jpg1988年7月15日、大学の卒業式で出会ったエマとデクスター。真面目なエマに対して自由奔放なデクスターは、お互い惹かれ合いながらも、そのまま恋愛に発展させることなく友達として付き合うことにした。時は流れ、デクスターはTV番組の司会に抜擢され一躍人気者に。エマも恋人と一緒に暮らすことを決意し、それぞれ別々の人生を歩んでいくのだが、友人の結婚式で再会した2人は、それぞれに閉まっていた想いを告げるのだが…。

ある男女の23年間を7月15日のみを切り取って描いたラブストーリー。
ベストセラー小説を原作者自らが脚本を担当して映画化したもの。
アン・ハサウェイ「アクロス・ザ・ユニバース」ジム・スタージェス
主人公を演じていて、年月の経過をメイクや体系できちんと変えているので、
若干の違和感くらいで大目に見れるのだけど、やっぱり2時間で23年間を描くには無理がある!
しかも、噂どおりアンのイギリス英語のアクセントがイマイチなせいか、感情移入に
時間がかかってしまいました042.gif
でも後半の衝撃シーンには涙なくしては観れないので、ハンカチ必須です007.gif
監督は「17歳の肖像」ロネ・シェルフィグ
できれば誰かと観るより、一人でじっくり観るのがオススメです。
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-06-23 20:20 | MOVIE