秋は映画三昧!!

観たいけどなかなか観に行けなかった作品をこの連休でまとめて観てきました。

『北のカナリアたち』
e0023223_11173260.jpg
夫と共に北海道の離島にやってきた小学校教師のはるは、島に住む6人の生徒たちと合唱を通して絆を深めていた。だが、ある日、生徒たちとバーベキューをしていた時に事故が置きてはるの夫が亡くなってしまう。ある噂も災いして、島から逃げるようにはるは去るのだった。
それから20年の月日が流れ、はるは退職の日を迎えていた。
そこへ警察が訪ねてきて、教え子だった1人の信人が殺人事件の容疑者で探していると言われる。はるは心配になり、昔の教え子たちを訪ねて周るのだが、そこで久しぶりに再会した彼らの口から語られる言葉は、20年間言えずにいた後悔と静かに秘めていた想いだった•••。

東映創立60周年記念として製作。
湊かなえのミステリーを原案としているそうです。
日本の大女優、吉永小百合を迎え、阪本順治監督がメガホンを撮り、「剱岳 点の記」木村大作が撮影監督を務めています。
激しい吹雪や春の花の美しさなど、自然の映像には感動したし、6人の生徒も大人になってからの俳優とそっくりな子供達だったので違和感なく観れたけど、はるの父親役の里見浩太朗だけが20年経っても全く変わっていなくて映画をダメにしていました002.gif
それでも救いだったのは、子供達の歌声。山下達郎の"クリスマスイブ"には癒されました。
そして、ラストのハガキと森山未來の演技のうまさには大泣き007.gif
柴田恭兵仲村トオル宮崎あおい満島ひかり松田龍平など実力俳優を揃えたわりに、やはり集客は高齢者ばかりってのはちょっと寂しい感じですが、地道にロングランしそうな予感。
評価 ☆☆

『のぼうの城』
e0023223_2321951.jpg
戦国の世で、天下統一を目指していた豊臣秀吉は配下に就こうとしない北条家と戦を交えていた。北条側には周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持つ成田家が。秀吉の家臣、石田三成は秀吉の命を受け、成田家を2万の軍で攻めることに。最初は降伏するつもりだった成田家の長親だったが、突然、戦うことを決意するのだった。500の兵と農民しかいない中、ついに開戦。果たして、長親らはわずかな兵で勝つことができるのか。

ベストセラーを犬童一心樋口真嗣がダブル監督で映画化。
野村萬斎がのぼう様を演じていて、原作を読まずに映画を観た私としては
なかなか似合っていたように思いますが、原作ファンからは賛否両論らしいです。
石田三成が上地くんだったのが納得できず、努力は認めるけれどやはり荷が重そうで他にいなかったのかー?と、
思っちゃいました。
戦のシーンはさすがの迫力で見入っちゃうけど、全体はイマイチ。
娯楽作品としては、そこそこ楽しめるのかもしれないので、歴史好きな方はぜひ。
評価 ☆☆

『その夜の侍』
e0023223_2323472.jpg
小さな鉄工所を営む中村は、5年前にトラック運転手に最愛の妻をひき逃げされた。それ以来、犯人への復讐に執念を燃やしていた中村は、ついにひき逃げ犯・木島への復讐を決行しようとするのだが…。

正直、びっくりするほど話に入り込めず、それは脚本のせいなんだろうけど
キャストが良い分、納得できず途中で寝ようか迷ったくらい。
山田くんの狂気に満ちた悪人の姿も堺さんのダメ男なのに執拗に犯人を追い詰めていく感じも
良かったけど、対決シーンも迫力がなく、本当にイマイチなラストといいスッキリしない作品でした。
あんまり周りには薦めないかも。
評価 ☆

『ロックアウト』
e0023223_2325259.jpg
時は2079年。地球を離れ宇宙刑務所で冬眠させ囚人を完全管理する時代、施設に大統領の娘・エミリーが視察に訪れる。究極の監獄で、ちょっとしたミスから囚人が暴れ制御不能な状態に。刑務所は囚人たちに奪還され、看守やエミリーたちは人質にされてしまう。そこへCIAエージェントのスノーがエミリーたちを救出するため、刑務所に派遣されることになるのだが、スノーには別の目的があった。

プロデューサーは「レオン」のリュック・ベッソン。
ガイ・ピアースが鍛えた体で次々と極悪囚人たちを倒していきます。
ヒロインには、同じくベッソン製作の「96時間」でリーアム・ニーソンの娘役を演じていたマギー・グレイス。
もっと派手なアクションを期待していたので、がっかりだったけど
何も考えずに観れるのでSF好きな人にはいいかも。
評価 ☆☆

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
e0023223_233938.jpg
「破」から2年、やっと公開した「Q」。
最初から「えーー!!」って言いたくなるくらいびっくりな展開に、どういうことなの?と、
頭の中ではハテナマークがいっぱい。
噂どおり1度では理解できないので、もう少し劇場が空いたころにこっそりと2回目の鑑賞に
行きたいと思います。
とにかく熱狂的なエヴァファンに久々に混じって堪能できたのは楽しかったし、終わり方に
希望を感じました。
まだまだ大ヒット中なので、ぜひ「序」と「破」を観てから劇場へどうぞ001.gif
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-11-24 20:19 | MOVIE