悪の教典

残業予定だったのになくなったので、『悪の教典』を観て帰りました。
e0023223_1194864.jpg
生徒たちから“ハスミン”の愛称で呼ばれ、校内で絶大な人気を誇る高校教師、蓮実。ある日、生徒の家で火事が起き、刑事が学校に事情聴取に来る。そこで蓮実に疑問を持つ教師が刑事にあることを告げたことから、その教師はもちろん、事情を聞いた生徒まで次々と姿を消してしまう。生まれながらのサイコパスであることを隠してきた蓮実は、自らの目的のためならば殺人でも厭わなかったが、ミスを隠蔽することが次第に周囲に気づかれ始め、蓮実は担任するクラスの生徒全員を惨殺することを決意した…。

貴志祐介のベストセラー小説を三池崇史監督が映画化。
「海猿」シリーズで爽やかそうなイメージの伊藤英明が殺人鬼という真逆のキャラを熱演。
生徒役には、「ヒミズ」染谷将太&二階堂ふみコンビや「風が強く吹いている」林遣都など。
劇中のドロドロした生徒や教師の裏の姿が、呆れるというか笑えてくるけど、
一番笑ったのは無駄に脱ぐ伊藤英明
裸なのに靴下と靴を履いて筋トレする姿には爆笑でした!
それに、いい人イメージよりもぴったりな伊藤英明の殺人鬼っぷりは、なかなか。
最後にto be continuedって出てきた瞬間は「はぁ~?」って思ったけど、
続編ありきで最初から作っていたならば、次はどうなるのか気になるところ。
さすがR15指定なので多少残虐だけど、ダークな世界を体験したい人や、
鍛え上げた伊藤英明の肉体が見たいファンならば劇場でどうぞ!
評価 ☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-11-13 22:08 | MOVIE