映画と恋とウディ・アレン

今日はウディ・アレンのドキュメンタリー『映画と恋とウディ・アレン』を観ました。
e0023223_19444728.jpg1年に1本のペースで映画を撮るウディ・アレンのスタンスや監督、脚本家、作家、俳優、コメディアン、ミュージシャンとして大活躍している日々、幼少の頃のエピソードなど、普段見られないウディの秘蔵映像と本人のインタビューで構成されたドキュメンタリー。

映画作品の出演俳優たちのインタビューも交えたもので、多くを語らないウディの
本当の姿が見えてきます。
死への向き合い方や考え方など本人の哲学にとても学ぶものが多くて、
個人的にはすごく前向きなやる気をいただいた感じ。
休まず作品を撮るのは、アイデアが豊富にある事と、数打ちゃ当たるって考え方に、ちょっとビックリだったけど、それくらいさばけてる姿はウディらしいかも001.gif
数年前、NYのカーライルホテルでウディのジャズバンドの演奏を聞いたときは、
よぼよぼじいさんで大丈夫かなー?と思ったけど、このドキュメンタリーを観たら
もう1回、生ウディを観に行きたくなっっちゃった。
ま、クラリネットのヘタさにはびっくりなので、もし行く機会のある人はある程度覚悟を!(笑)

ここ十数年の作品は観ているけれど、初期作品はまったく観ていなかったから
ウディの作品をもう一度全部観なおしたいな、と思いました。
まだまだ頑張って生きてほしいし、今後のウディ作品も楽しみに公開を待ちたいものです。
評価 ☆☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-11-21 21:55 | MOVIE