007/スカイフォール

ここ2ヶ月くらいずっと良くなったり悪くなったりの繰り返しで、すっかり更新が遅れてしまったものを
ここからは一気にアップしていきます。
まずは今月初めに観た『007/スカイフォール』
e0023223_22581268.jpg
イギリス情報局秘密情報部“MI6”のエージェントたちが何者かに狙われ暗殺される事件が起こる。ボンドは、その犯人を発見し、機密情報を手に入れるべく世界中を奔走するのだが、共に任務を遂行していた別のエージェントに誤って撃たれ川底へ転落してしまう。
なんとか一命は取り留めたものの本部に戻らず酒におぼれていたボンドは、ある日、MI6が爆破されたことを知り、イギリスへ戻ることに。すっかり様変わりしたボンドは心身ともに限界に陥っていたが、それでも任務に復帰しようとするボンドは再テストを受けることに。なんとか辛うじて復帰を果たしたボンドを待ち受けていたのは、Mへの復讐に執着する元エージェント・シルヴァだった。彼を倒すべく、ボンドは再び立ち上がるのだが、予想を超えるシルヴァの計画はMI6だけでなく、Mをも追い詰めていく。果たしてボンドはMI6とMを守れるのか・・・。

「007」シリーズ生誕50周年記念作品となった今回。
監督には「アメリカン・ビューティ」サム・メンデス
新しいジェームズ・ボンドとしてすっかり定着したダニエル・クレイグが、今回もトム・フォードのスーツをカッコよく着こなし、渋くキメています。
宿敵シルヴァ役には、髪型が変だととっても怖~いけど、迫力を増すハビエル・バルデム
シルヴァがMのことを「マミー」というたび、笑ってしまったけれど、それが観客に怖さを感じさせていてしつこい悪役としては最高でした!
ボンドガールのナオミ・ハリスベレニス・マーロウは美しいし、セクシーで強さもあったけど、
過去作品に比べラブシーンも少なく、それよりも戦いや人間味が目立っていたところが物語に深みを出していたように思ったし、ある意味、今回のボンドガールはジュディ・デンチ演じるMだったのだと思うくらいMの過去やボンドへの愛情が見れて、ラストのボンドの涙にも胸を打たれたし、素晴らしい作品に仕上がってて世界的に評価が高いのも納得038.gif
新しい武器係・Qとして登場した「パフューム ある人殺しの物語」のベン・ウィショー
細くてキュートだったのも良かったし、意外な結末からの続編公開がとても楽しみ001.gif
すでに製作も決定しているだけに待ちきれないです!
年末大作映画として、これは絶対観とくべき作品017.gif
評価 ☆☆☆

人気ブログランキングへ
[PR]
by hiroko13mk | 2012-12-02 19:08 | MOVIE