キングコング

今日は「キング・コング」を見ました。
e0023223_18313028.jpg冒険映画を撮る野心家の監督は地図にない島で新作を撮るため船に乗り出発する。しかし着いた島はあまりにも恐ろしく不気味な原住民と謎の生物が存在していた。主演女優のアンはいけにえとして捕らえられ、巨体なコングに連れ去られてしまう!

果たしてアンを救出し、島から脱出できるのか?

キングコングが恐竜と戦うシーンはCGとはいえ迫力があって体がびくっ!と
なりました。
先にに悲しい運命があるとも知らず、次第にコングとアンに不思議な絆が芽生え始めているのには切なさを感じました。
ラストでコングのやられる姿には泣きそうになりました(ToT)
ナオミ・ワッツは綺麗だし、悲鳴もよかったけど、エイドリアン・ブロディが
二枚目なのはちょっと違和感感じたし(^-^;)
ジャック・ブラックは、嫌みで野心家な映画監督の役より
「スクール・オブ・ロック」のようなコメディを演じてるときのほうが
似合ってるなぁと思いました(^_^)
3時間もあるとは知らなかったのでちょっと座り疲れましたf^_^;けど、
やっぱりお正月大作!昔のと見比べたい方や動物好きな方?にはオススメです。

評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-01-02 23:28 | MOVIE