スタンドアップ

「モンスター」でアカデミー賞で主演女優賞獲得したシャーリーズ・セロン最新作『スタンドアップ』を見ました。e0023223_6353163.jpg
子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)。鉱山の町として伝統を育んできた町の住人たちは、シングルマザーの彼女に冷たい視線を向ける。そんな中、自立を目指し、父親と同じ鉱山で働きだす。職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが日々激しくなっていた・・・。

鉱山労働者として働くシングルマザーが、男性社会の中で立ち上がっていく姿を実話に基づいて描いた感動作。
女性の強さと最初に何か行動を起こそう!改革を起こそう!とする人の苦労と勇気が伝わるストーリーでした。
親友役を演じたフランシス・マクドーマンド(今年のアカデミー賞助演女優賞にノミネート)は女性初の炭鉱労働者役を見事に演じていたし、ウディ・ハレルソンやショーン・ビーンも久々にイイ男に見えました!
父親との確執と和解に家族のあり方とは何だろうと考えさせられました。
今は男女平等に働く権利が与えられているけど、差別はなかなか消えないのが現実。
人よりちょっと外見がキレイで、何もしていなくても行動が目立ってしまい、損な役回りをしてしまう人ってどこにでもいる。
彼女がすべて正しいわけではないと思うのに、何故、彼女がそこまで戦おうと思ったのか?
自分のツライ体験も何もかも暴露されてでも本当に勝ち得たかったものは何か?
胸が詰まるような話に号泣してしまう部分もあるけど、それでも立ち上がって進んでいこうとする勇気には元気をもらいました!
原題は「North Country」。
ミネソタの雪景色が寒々しいはずなのにやさしい雪に包まれたように心地よさを感じさせます。
強く生きたい女性の皆さんに是非見てほしい作品です(^^)

評価 ☆☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-01-27 22:30 | MOVIE