週末、見た映画

週末見た映画、1本目は、宮崎あおい主演の『初恋』e0023223_1347513.jpg
高校生のみすずは、小さい頃、母親が兄を連れていなくなったきり消息不明になり、親戚の家に居候する肩身の狭い、孤独な生活を送っていた。数日前、兄が突然現れ手渡したマッチを辿って、みすずはある日の放課後に「B」というネオン看板のあるジャズ喫茶に足を運んだ。
店内に進むと、兄の亮、女優のユカ、浪人生タケシ、肉体派テツ、お調子者ヤス、そして東大生の岸が仲良く座っていた。仲間に加わったみすずの生活は少しずつ変化し、岸への淡い恋心も生まれていた。そんなある日、岸がみすずに驚くべき相談を持ちかける・・・。

原作は中原みすずの小説。
18歳の女子高生が“三億円強奪事件”の実行犯という衝撃的な話なのに、
事件そのものより、青春の思い出の1ページのお話、というように爽やかに描かれています。
宮崎あおいの透明感ある存在感と久々の兄妹競演(兄役の宮崎将は本当のお兄さん)と、なかなかカワイイ小出恵介の滑舌の悪さが必見?な映画です。
原作を読んだけど、ラストが異なっているので映画との違いを楽しめるし、
元ちとせの主題歌も映画にとってもあっていて
思ったよりなかなか良い映画でした。
評価 ☆☆+0.5

もう1本は『ポセイドン』
e0023223_1133550.jpg大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では、華やかなパーティーが開催され、人々は、それぞれの思いを胸に豪華な船上パーティーを楽しんでいた。しかし突然、超巨大津波がポセイドン号を飲み込んだ!
船は完全に転覆し、乗客たちは上下反転した船の中に閉じ込められてしまう。果たして脱出できるのか?

1972年のジーン・ハックマン主演『ポセイドン・アドベンチャー』を水ものが得意なウォルフガング・ペーターゼン監督がリメイク。
この監督、「トロイ」「パーフェクトストーム」「U・ボート」なんかの海が舞台になる作品が有名ですが、昔は、「ネバーエンディング・ストーリー」やクリント・イースットウッド主演の「ザ・シークレット・サービス」、ハリソン・フォード主演「エアフォース・ワン」なんかも撮っていて、海ものだけじゃなく、ハリウッドで活躍するドイツの巨匠監督です。
海猿の映画の方があたっているので、同じ船ものとしてはイマイチお客さんが
入ってなかったけど、それなりに緊迫感もあって面白いので
見に行ってみては?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-06-11 20:31 | MOVIE