疲れてても見ちゃいました(^-^;

前日のサマソニの疲れをかかえたまま、映画を観てきました。
作品は『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』e0023223_12223145.jpg
世界中で驚異的な大ヒットを記録し、空前の海賊(パイレーツ)ブームを巻き起こした『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第二弾。
ブラックパール号の船長・ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップがいたからこそ、ここまでヒットしたと思うけど、意外と内容もしっかりしていて、またもや今回も笑わせてくれてます。
ホント、これぞ「ハリウッド!」って感じです。
オーランドもキーラもそれぞれのキャラクターをうまく出しているのもイイ!
けっこう気になる終り方をしたので、来年公開が待ち遠しいです(^-^)
評価 ☆☆

e0023223_12241921.jpg
もう1本は、『ユナイテッド93』
2001年9月11日。ユナイテッド航空93便は、
40名の乗客を乗せ、サンフランシスコへ飛び立った。その直後、ワールド・トレード・センターに2機の民間機が激突。
その頃、ユナイテッド93便の機内でも、テロリストが爆弾を持って操縦室を制圧し、機内は混乱に陥るが、機内についている電話機で地上で起こっている事態を知った乗客と乗員たちは、わずかな武器を手にテロリストに立ち向かおうとしていた…。

9.11テロでハイジャックされた4機の航空機のなかで、唯一、
目標に到達することなく墜落したユナイテッド航空93便の物語。
監督は、『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラス。
出演者に、実際のパイロットや管制官を起用していたのにはびっくりしたけど、
まるでドキュメンタリーのようなリアルさは、相当心構えをして映画館に
足を運ばないと見終わったあと引きずりそうなくらい重い…。
自由の国・アメリカだから作れる作品だろうけど、
とても複雑な気持ちが残る作品でした。

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-08-13 12:20 | MOVIE