ゲド戦記

ついに観ました『ゲド戦記』
e0023223_13551152.jpg世界各国で起こっていた異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲド(またの名をハイタカ)は、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。
2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せることに。
アレンは見えないものに怯え、ハイタカにも魔法使いクモの追手が迫っていた…。




豪華な声優陣を集めたものの、ストーリーにまとまりがなく
説明不足な部分が多々あったためか、評判どおりイマイチでした(-_-;)
唯一良かったのは、ヒロイン・テルーを演じた
新人の手嶌葵が唄う「テルーの唄」
あの歌声があったから観客が呼べたのだということを
スタジオジプリは感謝すべきかも!?
いきなり監督デビューしてしまった宮崎駿の長男、宮崎吾朗
まだ、若い!
1作目だし…と、温かい目で次回作へのエールを送りたいと思います。

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-08-19 23:50 | MOVIE