犬神とデスノート

今日は、日本映画を2本観ました。
e0023223_15252449.jpg1本目は、『犬神家の一族』
信州の製薬王・犬神佐兵衛が亡くなり、血縁関係者が揃った場で公開された遺言状には、3人の孫のいずれかとの結婚を条件に全財産を、佐兵衛の恩人の孫娘・野々宮珠世(松嶋菜々子)に譲渡するという内容だった。
遺言状を預かる法律事務所から仕事依頼を受けた名探偵・金田一耕助(石坂浩二)は、
捜査に乗り出すことに・・・。しかし、珠世をめぐる男たちの争奪戦が始まり、
遂に殺人事件が起きてしまう。

30年前に製作され大ヒットを記録した作品を監督・市川崑×金田一・石坂浩二の
黄金コンビで復活。
昔と同じキャストも使いつつ、新しいキャストも加え、前作とはまた違う色合いが
出た作品に仕上がっています。
前のは生まれてないので、ビデオでしか見てないけど、
観たことある人は、見比べるのも面白いかも!?
評価 ☆☆

2本目は、『デスノート The Last name』
e0023223_15254891.jpgデスノートを拾った天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月(藤原竜也)は、前作で亡くした恋人の捜査をするため、刑事局長を父に頼み捜査に参加する。
だが、実際は、月が「キラ」として、犠牲のために犯した事件だった。
ICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの
天才、通称L(松山ケンイチ)は、疑いを持ち続けるもあえて月を捜査協力させる。
そんなとき、「第二のキラ」と名乗る者が現れる。
果たして、新たはキラはいったい誰なのか?

月(ライト)とL(エル)、二人の頭脳戦は前作よりも増していてい、
演じる藤原竜也と松山ケンイチ2人もスゴイ!
マンガとは違うラストだけど、映画ならではの展開で、けっこう楽しめるので
オススメです(^-^)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-12-16 21:21 | MOVIE