パフューム

今日は前回試写が観れなかった『パフューム』を観てきました。
e0023223_23462571.jpg18世紀のパリはひどい悪臭が漂っていた。魚市場で産み落とされたグルヌイユは、生まれた時から驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。
死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめておく方法を探るため調香師に弟子入りし、さらなる技を求めて職人の街グラースへ向かう。

映像で嗅覚を刺激する!こんな映画は初めて観ました。
どのシーンでも劇場内に香りはないはずなのに、不思議と匂ってくるみたい。
ドイツ映画『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督はスゴイ人です!
ラスト、背中がゾーっとするけど、全体的に映像美を楽しむにはオススメです(^-^)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-03-13 22:56 | MOVIE