主人公は僕だった

お相撲のあとに、『主人公は僕だった』を観ました。
e0023223_21265935.jpg平凡で面白みのない男、ハロルドは、国税庁の会計検査官。なんの刺激もない毎日決まりきった生活を送っていたがある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。
ハロルドの頭にたびたび響くようになり、どうやら彼女の話し方では、小説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしたのだ。
慌てたハロルドは、自分の運命を変えようと奮闘し始まる…。

主役は、ウィル・ファレル。コメディ作品のおなじみの彼だが、やはりこうゆう俳優は何をやらせてもうまい!と思わせるほど平凡でつまらないおじさんをきちんと演じている。
脇を固めるダスティ・ホフマンエマ・トンプソンマギー・ギレンホールなど良いキャストと脚本で大人が観れる映画を作っている。
夏の話題作もいいけど、こういう味のある作品をオススメ(^-^)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-19 23:59 | MOVIE