アヒルと鴨とコインロッカー

今日は、瑛太が見たいがためにチケットを取ってもらい、
初日舞台挨拶付きで映画を観てきました。
Hちゃんありがとう!

作品『アヒルと鴨とコインロッカー』
e0023223_23463673.jpg仙台に越してきたその日に、ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら、片づけをしていた椎名は、隣人の河崎に声をかけられた。河崎は、「一緒に本屋を襲わないか」と突然誘われる。その理由は、同じアパートに住む引きこもりの留学生ドルジに、一冊の広辞苑を贈りたい、というおかしな計画だった。
冗談かと思いきや、椎名は翌日、河崎に言われるままモデルガンを片手に書店の裏口で見張り役をやらされていた。
だが、それがやがて明らかになる悲劇の始まりとは、その時の椎名には知る由もなかった・・・。

仙台在住の人気ミステリー作家・伊坂幸太郎の原作を映画化。
仙台先行上映という異例のかたちで封切られたが、映画化することが
かなり難しいとされる彼の作品を個性的な俳優たち(濱田岳瑛太関めぐみ松田龍平)が
終結してオリジナルのイメージを壊さずキレイに映画化してくれた。
後半のどんでん返しも含め、切なくて涙してしまう上質な日本映画です。
キサラギも面白いけど、地味でもこういう作品の方が後に余韻が残るので、
絶対見てほしい1作(^_^)
評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-06-23 18:22 | MOVIE