ベオウルフとある愛の風景

迷ったけど『ベオウルフ』を観ました。
e0023223_1491633.jpg
6世紀のデンマーク。盛大な宴を催す中、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現し、人々を虐殺した。王は褒賞を用意しグレンデル討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと山へ向かうが…。

デジタルシネマ技術を駆使し、俳優達を実写に近いアニメーション化し映画化。
主役のベオウルフを演じたレイ・ウィンストンが無名に近い人のため誰?って感じたけど、
怪物の母を演じたアンジェリーナ・ジョリーは、妖艶な魅力を発揮しているが、
アンソニー・ホプキンスジョン・マルコビッチなどクセのある演技派など豪華キャストが出演。
DVDになってからでも良かったかな・・・ってちょっと後悔はしたけど、新しい映像が見れたファンタジー映画でした015.gif
評価 ☆

もう1本は、『ある愛の風景』
e0023223_1492896.jpg夫としても父親としても完璧なミカエルは、美しい妻・サラと可愛い2人の娘を持つ幸せな家族。しかし、軍人のミカエルがアフガニスタンへ派兵され、突如もたらされた訃報により、その幸せな暮らしは一変する。悲しみに暮れるサラと娘たちを支えたのは、刑務所帰りで、今まで常にトラブルメーカーだったミカエルの弟ヤニックだった。ようやく平穏な日々が戻りつつあった矢先、戦死したはずのミカエルが突然帰還する…。
捕虜として迫られた究極の選択によって人が変わってしまったミカエル。
そんな彼を迎えた家族の戸惑いは、思っていた以上に深いものだった。
そしてついにミカエルの暴走が悲劇を起すこととなる・・・。

デンマークの才女・スサンネ・ビア監督が描いた深みのある愛の物語。
ハリウッドでもナタリー・ポートマン、ジェイク・ギレンホール、トビー・マグワイア主演で
リメイクも決まっている。
生きることが不器用な人々の悲しみとぬくもりを描いた傑作!
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-12-09 20:07 | MOVIE