ふたりの5つの分かれ路&星になった少年

先日またもや友達に誘われフランス映画「ふたりの5つの分かれ路
という作品を見てきました。
e0023223_11502186.jpg
フランソワ・オゾンという才能ある若手のフランス人監督(代表作:8人の女たち、まぼろしなど)の新作とあって劇場内は満席!いつものようにギリギリに行ってしまったため、一番前の席でした(T_T)内容はある夫婦の離婚シーンから始まり、過去に戻って、2人の恋が始まりそうな予感がするところまでを描いています。
逆回転もののわりには、静かで切ない流れに
なっています。

男と女の関係は永遠に謎な部分があるかと思います。
この2人には初めから永遠に幸せになれない5つのきっかけが
あったというだけだけど、ラストシーンの夕日に向かって泳いでいく2人を
見たら明るい未来がまっているような錯覚を覚えました。
たとえ別れようと一生幸せに暮らそうと、どちらも紙一重なのだなぁと
思いました。
ちょっとセンチメンタルな気分になりますが、まだ公開中なので
少し涼しくなった初秋、一人で見るには(カップルで行くのはすすめないです…)
ぴったりの映画だと思います(^_^)

評価 ☆☆+0.5

もう1本は別の友達との待ち合わせまで時間があったので
暇つぶしに見た・・・う~ん、いちお話題になっていたから?見た
星になった☆少年」です。
象は視力が悪くてほとんど見えないそうです。
そのために象使いがいるのでしょうね。
象に芸を教えたりすることもその象使いを育成する学校がタイに
あるのも初めて知って驚きました。
小象が母象を恋しく思って泣いたり、すねたりするとかは
体は大きいのに人間の子供と変わらない部分でどの生き物も同じだなぁ
と、かわいくなりました。
e0023223_1734328.jpg柳楽くんの棒読みのセリフに最初かなりひいていたのですが、その自然体?のせいか後半、普通の男の子が象使いになって成長してる姿が、リアルに見えてきてとても良かったです。
編集のせいなのかつながりは微妙に急展開だったりしたけど、
映画を見に来ていた見ず知らずの小学生の女の子と同じように
私もラストは泣いてしまいました。
親子で見るにはオススメです。

評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2005-08-31 13:59 | MOVIE