イマイチな2本

昼ドラから映画化された『砂時計』を観てきました。
e0023223_15513062.jpg両親の離婚により東京から母親の実家がある島根県に移ってきた14歳の水瀬杏。田舎の雰囲気と祖母に馴染めず憂鬱な日々を過ごしていたが、同級生の北村大悟と出会い次第に田舎暮らしにも馴染んでいく・・・。それから12年の月日が経ち、26歳になった杏は同窓会に出席するため、東京から島根を訪れる。そこには初恋の相手、大悟との再会も待っていたのだが・・・。

芦原妃名子の同名コミック。
4人の幼なじみが歩んできた12年間とヒロインの初恋の行方を描いた純愛ラブストーリー。
昼ドラの方がドロドロしてて面白かったので、やっぱり2時間映画になると
いろいろ短縮されたせいかただの暗い話になってしまっているのが残念015.gif
松下奈緒の幸薄さは笑えたが、制服姿がカワイイ夏帆は良かった。
映画に出てくる島根県のサンドミュージアムにある砂時計は世界一らしいです。
一度見に行きたいなぁ♪
評価 ☆

もう1本は、『大いなる陰謀』
e0023223_15515724.jpgベテラン・ジャーナリストのジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と注目されているジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について極秘情報を知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の歴史学教授マレーは、優秀であるのに勉学に身が入らない学生トッドを呼び出し、志願兵となった教え子2人の話を始める。そして、アフガニスタンでは教え子である志し高い2人の若き兵士が最前線の任務に送られていた・・・。

7年ぶりの監督作でロバート・レッドフォード
無関心さの罪悪感と自分自身で考えることの重要さをこの作品で訴えているらしい。
トム・クルーズメリル・ストリープ、レッドフォードも自ら出演とキャストは豪華。
ただ、上映時間は短いものの、内容のとっつきにくさや戦争ものというだけで
一般ウケしずらく、興行収入は厳しそうだ。
個人的には、レッドフォードが訴えたかったテーマに共感も持てたので
内容もそんなにつまらないとは思わなかったけど、あっという間に終わってしまったので
いまひとつ重みが足りなかったのでは?と感じた。
大人の社会派作品だが、時間のある人は観てみるのもいいかも。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-04-29 21:49 | MOVIE