アクション映画2本

今日は、日本とアメリカのアクション系映画を観ました。
1本目は、『少林少女』
e0023223_23202051.jpg中国での修行を終えて日本に少林拳を広めるため帰郷した桜沢凛。だが、かつて学んだ祖父の道場は廃墟と化していた。そこで昔の祖父の教え子、岩井が店主をしている中華料理屋でアルバイトをしている中国人の女の子の進めもあって、大学でラクロスをやることになった。少林拳仕込みのパワーでラクロス部員たちのド肝を抜く彼女に怪しい集団が影を潜めていた・・・。

「踊る大捜査線」シリーズのフジテレビ・亀山千広プロデューサーと本広克行監督のコンビと
『少林サッカー』チャウ・シンチーが加わったカンフーエンターテイメントらしいです。
オリンピックを前にカンフーに目をつけたとこは良いが、ストーリーがつまらないし、子供客が意外と多くてちょっとひいちゃいました008.gif
柴咲コウが1年間、少林寺拳法の特訓をした結果は、体を張ったアクションに
現れてました。

江口洋介のワンパターンな演技とナイナイ岡村隆史のオチャラケさは
相変わらずだが、昔勤めてた会社にいた人が、コウちゃんの敵役で
出演しているのにはビックリ!!009.gif
ドラマSP」にも出てたので、年けっこういってるけど
本格的に俳優になってしまったみたいです
応援したいと思います。
ガンバレ~001.gif
評価 ☆


もう1本は、『紀元前1万年』
e0023223_23233091.jpgときは紀元前1万年。巨大なマンモスが生息していた時代に山奥の集落で暮らす若きハンター・デレーは、不思議な目の色をした少女エバレットと惹かれ合っていた。しかし、謎の部族に襲われエバレットは彼らに連れ去られてしまう。仲間と共に彼女を追ったデレーは、他部族と遭遇し力を合わせならピラミッドがそびえる異国の地へと辿り着いた。
そこで彼らが目にしたものは、今まで想像もしたことのない不思議な光景だった・・・。
果たして、エバレットを無事に連れ出すことはできるのか?

『インディペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』ローランド・エメリッヒ監督最新作。
CGと大規模なセットが映像の中にたくさん出てくるザ・ハリウッド大作!という感じだ。
ハリウッドもネタがつきてきたのだろうなと感じるくらい内容はない話だが、
暇つぶしにはいいかもしれない。
評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-05-05 23:25 | MOVIE