マンデラの名もなき看守

レイトショーで、『マンデラの名もなき看守』を観ました。
e0023223_1533084.jpg1968年、アパルトヘイト政策により、反政府運動の黒人活動家は、日々逮捕され、投獄されていた。南アフリカ・ロベン島の刑務所へ赴任することになったジェームズ・グレゴリーは、そこでネルソン・マンデラの看守担当に抜擢される。だがそれは、グレゴリーが、黒人たちの話すコーサ語を理解していたため、上官から命令を受け、マンデラの会話をスパイためだった。妻のグロリアは夫の出世を喜び、生活は順調にみえた。だが、マンデラに初めて会った時から、グレゴリーは特別な印象を抱き始める・・・。

南アフリカで、初の黒人大統領となったネルソン・マンデラが獄中にいた時、
交流した看守との実話をベースに描いたもの。
久しぶりにスクリーンで観たジョセフ・ファインズや、
『24』で有名になったデニス・ヘイスバードの全体的に静かながらも
心のうちの激しさを持つ対照的な人間を見事に演じている。
学校では、教えてくれないアフリカの歴史の1ページを垣間見れる作品だ。
上映時間が少し長いけど、見ごたえはあった。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-05-29 23:11 | MOVIE