奇跡のシンフォニー

泣く泣くと言われて見に行った『奇跡のシンフォニー』
e0023223_1442474.jpg両親が必ず迎えに来ると信じながら、養護施設で暮らしていた孤児のエヴァンは、天性の鋭い音感を持っていた。両親に会いたい一心で施設を抜け出し、NYのマンハッタンへと向かったエヴァンは、そこでウィザードと名乗る男に会い、ギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。だが、人気とともにお金になると感じたウィザードの執拗なまでの束縛から逃げ出そうとしたエヴァンは、偶然の出会いにより音楽学校への特別入学を果たす。一方、結ばれぬまま別れたエヴァンの母ライラと父ルイスも導かれるようにマンハッタンへ。そしてある夜、エヴァンが初めて指揮をとるオーケストラの野外演奏会が開かれることに。それぞれの想いを胸に、奇跡が起きようとしていた・・・。

音楽を愛し、信じる3人の奇跡を描いた感動作。
主演は、演技力は抜群だが、年齢不詳。
いつまでも子役を演じ続けるフレディ・ハイモア
この子は本当はいくつなのだろう?
母親役のケリー・ラッセルと父親役のジョナサン・リース=マイヤーズ
いつも脇役、イマイチパッとしない感じだけど、
今回はそのオーラが薄い感じが幸いだったのか音楽こそが主役の雰囲気になっています。
泣く泣く言われるほど、意外にも泣き所は少なかったが、音楽好きにはオススメ060.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-21 22:40 | MOVIE