クライマーズ・ハイ

七夕なのに、星空より劇場に『クライマーズ・ハイ』を観に行ってしまいました072.gif
e0023223_14411422.jpg1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起きた。北関東新聞社では、社長の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木が全権デスクを任される。悠木は、県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせ、いち早く情報を入手しようとしていた。そんな時、一緒に山登りに行く予定で、販売部に所属している親友の安西がクモ膜下出血で倒れたと知らせが届くが・・・。男たちの熱い1週間が始まろうとしていた。

実際の事故当時に地元紙の社会部記者をしていた経験を持つ
作家・横山秀夫の原作を映画化。
NHKで3年前に佐藤浩一主演で2部放送したものとは
また違う男たちの熱い戦いを描いている。
今回は、主人公を堤真一が。
佐山役はTVでは大森南朋が演じていたが、
大河ドラマ「篤姫」で人気の堺雅人が好演している。
「あさま山荘事件」原田眞人監督は、組織に属する男性たちを描くのが
とってもウマイ!といつも思うけど、今回も臨場感溢れる新聞社内の現場を描いている。
TV版は、レンタル屋さんに行くと借りれるので、映画と見比べるのも面白いかも!?
スピード感もあるし、見ごたえ充分!
なかなかの傑作です001.gif
評価 ☆☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-07-07 22:53 | MOVIE