グーグーだって猫である

猫がかわいい『グーグーだって猫である』を観ました。
e0023223_1534852.jpg飼い猫サバを亡くした漫画家の麻子は、あまりの悲しみから漫画を描けなくなってしまう。アシスタントのナオミたちは心配するも何もできない。そんなある日、ペットショップで麻子は小さな子猫と出会い、即買いしてグーグーと名付け、しだいに元気な表情をとり戻していったが、突然倒れてしまう。

大島弓子の漫画を映画化。
「ジョゼと虎と魚たち」犬童一心監督。
吉祥寺の街を舞台に描かれているので、行ったことのある人には
「ここ知ってる!」と、思わず言いたくなるシーンがあるかも。
麻子役の小泉今日子の自然な演技とアシスタント役の上野樹里
森三中とのやりとりがコミカルだけど、
女子会話しててなんかカワイイ001.gif
全体的にフワっとしているから力が抜けていくような感じがあるので、
寝不足の人や疲れている人には癒し?
眠くなるかもしれないのでご注意を!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-24 21:41 | MOVIE