ブロークン・イングリッシュ

恵比寿ガーデンシネマで『ブロークン・イングリッシュ』を観ました。
e0023223_13174850.jpg30代独身でNYのホテルでVIP担当として働いているノラは、親友のオードリーが自分の紹介したマークと結婚。母親からは「あなたの年頃では、イイ男は残ってないわよ」と心配され、毎晩お酒を飲む日々。あるがままの自分を愛してくれる人と出会いたいけど、誰からも愛されないかもしれないという思いを常に持っていて、希望と不安を抱えながら毎日仕事に明け暮れている。そんな時、同僚が主催したホームパーティーで、フランス人男性のジュリアンと出会い、運命を感じつつも彼はフランスへ帰国。一緒に来ないか?と誘われるも断ったノラだったが・・・。

父親は“インディペンデント映画の雄”と言われるジョン・カサヴェテス
兄は、『君に読む物語』の映画監督ニック・カサヴェテス
母親は、今作にも出演した大女優ジーナ・ローランズと、映画一家に生まれた
ゾエ・カサヴェテス監督の長編デビュー作。
等身大のヒロインには共感する女性も多そう
恋に臆病な人にはオススメかも!?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-12-13 20:14 | MOVIE