<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

七人の恋人

大人計画主催の舞台「七人の恋人」を下北沢・本多劇場に
見に行ってきました(^o^)
e0023223_22261250.jpg出演は阿部サダヲ・田辺誠一・尾美としのり、他。作・演出・出演はもちろん宮藤官九郎。消防法にひっかるくらいの大勢の人が見に来てて、場内は歩くのも困難なくらいスゴイ人の熱気で暑かった・・・!クドカンがギターを演奏したり、みんな歌ったり踊ったり、映像との融合があったりと今回もかなり込んだ作品でした。

劇中の『ほとんど三宅マン』というキャラクターを
演じた三宅弘城さん(写真左ハジ)のダメな感じのヒーローが、
お茶目でなんかカワイかったです。
彼のドラムの演奏が、なかなか上手で演技とのギャップが激しいのも
驚きました!
出演者の衣装チェンジ(しかも妊婦からハゲ親父まで)が
早いのに関心したし、みんなの仲良さそうな雰囲気が
全面に出てました。
二枚目・田辺誠一の不自然なほどまじめな演技も爆笑でした。
ナレーションの薬師丸ひろ子のセリフも絶妙で、
全編笑いっぱなしのお話でした(^-^)
11/13までやっている(当日券もあるみたい)のでお時間ある人や
笑ってスッキリしたい人にはオススメです!!
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-30 22:29 | LIVE

東京国際映画祭⑥

映画祭も終盤。
今日は「戦場のピアニスト」の監督ロマン・ポランスキーの新作
オリバーツイスト」を見ました。
渋谷オーチャードホールでの上映だったのでとにかく広い!!
子役のバーニー・クラーク君が来日していて日本の天才子役!?
(司会者はそう言ってました)神木隆之介と一緒に舞台で写真撮影していて
仕込んだ感じがちょっといやらしかったけど二人ともかわいかったです(^-^)e0023223_22471827.jpg
内容は主役の子供オリバーが様々な大人の悪に出会いながらも無垢な気持ちを持ち続ける彼が幸せになるまでの姿を描いた作品です。
正直、う~んと首をかしげるようなすっきりしないお話でした。
全体にまとまりがなく、訴えたいことが中途半端だし、子供に頼りっぱなし!
厳しいようだけど、今回は駄作ですね。
公開は来年お正月第二弾だそうです。
戦場のピアニストのような感動を期待する人は見ないほうがいいかも!?

評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-29 22:30 | MOVIE

ホットヨガ


今日は会社の子とホットヨガの体験レッスンに行ってきました。
40℃弱の室内で約70分間。最初は大丈夫だったんだけど、
動悸・息切れが激しくなって私は途中でギブアップしてしまいました。
(情けない・・・(T_T))
一緒に行った子は最後までやってたけど(エライ!!)、確かに汗びっしょりで
老廃物が排出されてお肌にも良さそう!
教室の更衣室にシャワーもいくつもあって、まだ今月オープンしたばかりだから
キレイでした。
私は体力的にちょっときびしそうですが、近い人は行ってみては?

ホットヨガスタジオ リュウ
http://www.hotyoga-reu.com/
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-27 22:38 | SPORTS

東京国際映画祭⑤

e0023223_212733.jpg本日の作品は「雪に願うこと」。出演は伊勢谷友介・佐藤浩市・小泉今日子、他。舞台は北海道、真冬のばんえい競馬場。そこで働く兄・威夫(佐藤浩市)と久しぶりに帰郷した弟・学(伊勢谷友介)が馬や自然、そこに住む人々との交流によって再生していく姿を描いた作品です。

なんか特別な盛り上がりもなく淡々と過ぎて・・・
イマイチ物足りない!
キャストも原作も悪くないのになぜだろう?
伊勢谷くんのサラリーマン姿も合ってないし・・・。
なんだかいまひとつな作品でした(>_<)

評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-26 23:15 | MOVIE

東京国際映画祭④

e0023223_2114298.jpg本日の映画祭作品は「ゲルマニウムの夜」。教会の教護院に舞い戻ってきた主人公・朧[ろう] (新井浩文)。 ゲルマニウムラジオの透明なイヤホンから神の囁きが聞こえるという彼は許しを請いながらも暴力を振るい、自分の正しいと思うことをやり続ける。罪とは何なのか?それは必ず罰せられるものなのか?どんなに辛くても、人は生き続けなければならない・・・。
人気の少ない雪の降るどこかの牧場で、繰り広げられる切ない話です。
原作は花村萬月。芥川賞を受賞したこの作品は、
赤目四十八瀧心中未遂のスタッフが制作し、大森南朋のお兄さん
大森立嗣さんが初監督した作品です。
見るのにとても心身共に覚悟が必要な作品だけど、
個人的にはかなり見てほしい作品です。
主役は映画「血と骨」や「青い春」「GO」で、圧倒的な演技力で
主役を食っていた新井浩文君です。
顔がカッコイイとかではないけど、あの死んだ魚のような目は
どこか淋しげで、でも尋常でない生命力を感じます。
彼がそこにいるだけで、何か起こりそうな期待と俳優として、
もの凄いオーラを持った人です。
公開は12/17~上野公園・国立博物館敷地内に
特設劇場“一角座”を設立。
移動式映画館なので普通と違った気分で映画鑑賞できると思います。
上野に足を運んでみては?
作品のサイトはこちら↓
http://www.aratofilm.com/

評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-25 22:56 | MOVIE

東京国際映画祭③

本日2本目。
作品は「三年身籠る」。e0023223_028371.jpg
のんびり屋さんの末田冬子(中島知子)、29歳。妊娠9ヶ月目を迎えたがなかなか生まれる気配がない。そして気が付けば妊娠18ケ月。冬子の腹は妊娠9ヶ月の頃の倍ぐらい膨らんでいるが、いまだ産まれる気配はない。夫(西島秀俊)には自分の子供ではないのかも!?と疑われるし、突拍子もない事態に世間ではマスコミや医療関係者の注目の的となって大騒ぎ!果たして冬子は無事出産できるのか?と、かなりコミカルに描かれてます。

お医者さん役の塩見三省や母親役の木内みどりなど、
脇を固める俳優さんも味があって映画を引き立てています。
主人公には父親がいないので家族も親戚も女ばかりという女系家族。
この女ばかりの会話がなかなか鋭くて面白い!
場面ごとに出てくる料理もおいしそうで色合いもキレイ!
男の人に対して強い拒否反応が家族の中にあふれているけど、
顔も知らない父親あてに、冬子がお腹の子供の様子を
手紙に書き綴るシーンが切ない(>_<)んだけど、
なんかやさしい気持ちになってホッとします。

監督は女優でもある唯野未歩子さん。
今回、原作・脚本・監督と3役こなしているなんてスゴ~いですよね。
ティーチインで監督が今の親は親になる準備ができないまま
子供を産んでしまう人たちもいて、不幸な出来事もたくさんあるけど、
もし3年身籠っていたら親になる準備というか覚悟も
ゆっくりできるのではないかなぁ?と、言っていたのに
私も「そうかも!?」と同感してしました。ありえない話だけど、
テンポの良さと内容の面白さに笑って少し泣けるし、
見応えある作品でした(^-^)
公開は来年お正月第2弾でロードショーだそうです。

評価 ☆☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-23 23:49 | MOVIE

東京国際映画祭②

今日も映画祭に行きました。
作品は「キャッチボール屋」という大森南朋主演作です。
なぜ、この作品を?というと主役の大森さん目当てです(*^-^*)e0023223_14481410.jpg内容はリストラされた青年タカシ(大森南朋)が、ひょんなきっかけで公園内で「キャッチボール屋」をするはめになり、公園に集う様々な人々とのちょっと心温まる交流を描いた作品です。セリフが少なくて(「はぁ~、いや・・・、えっ!」みたいなセリフばかり!)ほとんどのシーンが、キャッチボールしているとこばかりなので、アクションものとかが好きな人には退屈かもしれないけど、
知らない人同士が、10分100円のキャッチボールを
するだけでそれぞれの抱えている人生のしがらみから開放されているような
感じが映像によく出ていて気分が癒されます。
他の出演者の方々(寺島進、光石研、松重豊など)が
スゴク濃いキャラクターを演じているし、いろんな人の球の投げ方も
見ていて面白いから観察してみてください。
公開は来年だそうです(^-^)

評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-23 23:00 | MOVIE

東京国際映画祭①

今日から東京国際映画祭が始まりました。
今年で18回目になるそうです。
e0023223_148543.jpgさっそくあまり混んでいなさそうな作品「女たちとの会話」という作品を見に行きました。主演はヘレナ・ボナム・カーター(チャーリーとチョコレート工場、猿の惑星)とアーロン・エッカート(エリン・ブロコヴィッチ、ザ・コア)。内容は結婚披露パーティーで再会し、ふたたび魅かれあう元夫婦が会話をしてくうちに二人の感情がエスカレートしてゆき…。と、ほとんど2人以外は、
数える程度の人しか出てこない・・・(^_^;)

演出技法も変わっていてデュアルフレームというらしいんですが、
主役の2人に各1台ずつセットしてずっと撮りっぱなし。
つまりカットごとに撮り直しをしないので役者さんが話しているのも
聞いてる姿も全部撮られているので、休みがないのです。
演じる方も撮る方も大変ですよね?
映像を見てても、画面を真ん中で区切って半分ずつ互いの顔が
映っているから感情表現が伝わりやすいように感じました。
話はよくある感じのものだけど、技法が違うと新鮮!

監督、アーロン、プロデューサーの3人が来日してましたが、
全員イケメンでカッコ良かった\(^o^)/
公開は未定?っぽけど、お暇があればいろんな国の人と
交流できるので行ってみては?

評価 ☆☆

東京国際映画祭HP http://www.tiff-jp.net/
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-22 13:47 | MOVIE

イン・ハー・シューズ

今日は試写会に当たったので「イン・ハー・シューズ」という
作品を見てきました。
キャメロン・ディアス主演、監督はカーティス・ハンソン
(エミネム主演の「8マイル」撮った人)です。
複雑な家族関係の中で、姉妹と祖母の交流を通して
成長していく姉妹の姿を描いた心温まる作品です。
内容は妹(キャメロン・ディアス)は、顔は美人だけど頭も悪いし、
無職でアバズレ気味。
姉(トニー・コレット)は頭が良くて弁護士。
お金はあるけど太っていて男運がない!
と、性格も正反対だけど足のサイズだけは一緒。
2人はケンカばかりだけど、彼女達の母親は子供の頃に
亡くなっていて、今はお父さんも再婚して嫌味な継母の
いいなりだし、2人を守ってくれる人はいない。
そんなある日、妹が古い手紙を見つけ祖母(シャーリー・マクレーン)が
生きていることに知った彼女はおばちゃんに会いに行き・・・。
e0023223_13434944.jpgとにかくキャメロンがケバくて胸元を強調し過ぎ!!
やりすぎなくらいでちょっと引きますが・・・(^-^;)大事な姉妹でもあり親友でもあって一緒にいないと寂しくてしょうがないこの2人の関係はちょっと羨ましいなぁと思いました。


元気な老人たちのセリフや行動が面白いし、オシャレな靴も
たくさん出てくるので、特に女性の方にオススメです!
11/12~劇場公開です(^-^)

評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-20 23:42 | MOVIE

絶品!キムカツ!!

昨日、念願の恵比寿にある『キムカツ』のとんかつを
テイクアウトして食べました!
本当はお店で食べたかったど、いつも行列で並んで待つのが
ツライのです(T_T)
ネットで見たら予約してテイクアウトできると書いてあったので、
さっそく電話してみました。
e0023223_1192782.jpg単品で1枚¥1,480(キャベツ付)とちょっと高いですが、これまたきちんとした箱に入っていてお箸も宮内庁御用達のお箸がついていてとちょっと贅沢なんです!
味もプレーン・梅しそ、ゴマ・チーズ・ガーリック・ねぎと結構種類があって選べたので、今回は
さっぱり目なプレーンとねぎを買ってみました。いざ食べてみると薄いお肉が何層も連なっていて普通のとんかつとは比べものにならないほどやわらかくておいしい!
もう普通のとんかつは食べれない!!って、思うくらい不思議な食感です。
油っぽさもほとんどないし、さっぱりとしていて本当に
ペロっと食べてしまいました(^o^)

店員さんに「テイクアウトの方が賢いですよ」と言われたけど、
今度はお店で食べてみたいです☆
[PR]
by hiroko13mk | 2005-10-20 11:23 | FOOD