<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

デパ地下プリン

新宿三越の地下食品売り場でプリンを買いました!
期間限定出店みたいでたまにはいいかなぁ~なんて思い、e0023223_1441547.jpg小樽ジャージープリンというのを買っちゃいました(^^)キャラメル・カスタードプリン・生クリームと3層になっていて、とっても美味しかったです。1個¥350と、ちょっと高めですが、たまには小さな贅沢も良いものですね(^o^)
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-27 21:44 | FOOD

ボーリング

昨日は会社の人々と中野にあるボーリング場に行きました!
e0023223_167180.jpgボーリングなんて何年ぶりだか・・・?かなり久しぶりだったので全然うまく投げれずガーターばっかり・・・。
(でも、2回だけストライク出しました\(^o^)/)
一緒にプレーした人たちは、とってもうまく気づけば私がビリ(ToT)
でも、下手すぎたおかげで2ゲーム目にハンデを頂いたので、最後は1位だったみたいです。かなり微妙・・・(^^:)

e0023223_16222078.jpg
最近のボーリング場のボールはキティちゃんのカワイイのもあったり、投げるときに線を越えたら赤外線ブザーがなってファールになったりと昔と違う部分もあって、けっこう楽しかったです!
次はビリにならないように、こっそり練習しとくぞ~!
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-23 16:31 | 日記

ウォーク・ザ・ライン

昨日は、アカデミー賞にも主演女優・男優のWノミネートされている
ウォーク・ザ・ライン」を見てきました。
e0023223_13511462.jpg幼くして最愛の兄を事故で亡くしたジョニーは飲んだくれの父親から「クズだ!」と非難され、孤独な少年時代を過ごす。そんな彼の心の拠り所は、ラジオからいつも流れてくるカーター・ファミリーの音楽。特にジューンの歌声は辛かった日々を唯一救ってくれるものだった。成長したジョニー(ホアキン・フェニックス)は、家族から離れ空軍に入る。除隊後は初恋の女性、ヴィヴィアンと結婚するが、仕事よりも音楽への夢を募らせ、たまたま見つけたレコーディング・スタジオで軍隊時代に作った自作曲を披露。
見事オーディションに合格し、プロのミュージシャンの道を歩むようになる。
そして、ツアー中にジューン・カーター(リーズ・ウィザースプーン)と共演したのを機に、彼女に心惹かれてしまうが、スター街道まっしぐらのジョニーは、妻との仲もうまくいかなくなり、バンド仲間とツアー中に女遊びやドラッグにハマっていく・・・。

黒い衣装を身にまとって演奏したジョニー・キャッシュの生涯を自伝をもとに
映画化したこの作品は'50~'60年代を代表するヒット曲が満載!
彼らと同時代を生きたエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスも登場していますが、そっくりさん俳優がうまく演じているので、かなり年配の世代にも嬉しいかも!?
主演のホアキン・フェニックスとリーズ・ウィザースプーンも吹替えなしで
当人になりきって歌ったことで、見事ゴールデン・グローブ賞を2人とも受賞しました!

父親や奥さんに“クズ”とか“悪魔の子”と言われたジョニー。
そんな彼は人にうまく助けを求めることができず、辛く孤独な心を
曲にぶつけていた反面、辛い思い出から逃れるようにドラッグに溺れた姿は
見ていていたたまれなかったです(T_T)
そんな彼に、唯一手を差し伸べたジューンは、天使のような存在。
彼女に40回もプロポーズして断られ続けてもあきらめないその執念は
ちょっとストーカーっぽいけど、なんか2人のやりとりがおもしろい・・・。
音楽だけでなく、ジョニーとジューンの愛の物語も素晴らしい
なかなか良い作品でした(^o^)

評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-21 14:36 | MOVIE

久々のカラオケ♪

昨日は、久しぶりにカラオケに行きました。
会社でいろいろゴタゴタがあったので、前半は愚痴大会になってたけど、
後半はずっとみんな歌ってました♪

女性人はみんなカワイイ声で歌もウマイし、聴き心地が良かったです(^^)
男性人はアニソンが多くてよくわからないのばかりだったけど、
もやもやしたストレスがみんな歌ったことでスッキリ取れたみたいで、
結果的には良かった~!

たまには、こういうワイワイ、ガヤガヤしたのもいいかも!と思いました。
すごく眠いけど(><)まぁ、月曜にはシャキっと復活して、
また頑張って働こうって思える楽しい夜でした(^o^)
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-18 12:19 | 日記

1月からのドラマ

今年1月からのドラマもそろそろ佳境に入ってきていますが、
私は毎週視聴率を20%超える月9「西遊記」ではなく、
違うドラマ3作品を毎週見ています。
1本目は篠原涼子主演毎週火曜22時放送中の「アンフェア」。e0023223_11452971.jpg検挙率NO.1の女刑事が正義のために手段を選ばず犯人を捕まえるお話。
この作品、毎週平均視聴率が15%前後で初回以降大幅に落ちるよくあるドラマと違い、ずっと保っているところがスゴイ!出演者も瑛太・阿部サダヲ・寺島進・木村多江・西島秀俊と個性派役者が好きな人にはたまらないキャスティング。
犯人が誰か謎めいた脚本もなかなかよくできていて、本当の犯人は誰か?探すのも面白い作品です!

e0023223_11454641.jpg2本目は、金曜23:15~放送中オダギリジョー主演の「時効警察」。
こちらも警察ものですが、ちょっと変わったお話で、主人公は時効になった事件を取り扱う部署に配属されているこれといって目立たない警察官。無趣味の彼は、時効になった事件を趣味として捜査するというもの。交通課のかわいい婦警と微妙な関係だけど、二人で一緒に捜査をしていくうちに本当の犯人を探し出す。
だけど、時効になった事件だから逮捕はせずに「誰にもいいません」という
カードに認印を押して「それじゃ!」って感じで終わる不思議なドラマです。
主演のオダギリジョーの新しいキャラは、なかなか変わったもの好きには好印象だし、婦警役の麻生久美子ちゃんは、とぼけていてカワイイです(^-^)
金曜の夜、疲れて帰ってTVをつけたら、ちょっとホッとしそうなほんわか系ドラマです。

最後は水曜22時からの「神はサイコロをふらない」。
e0023223_1146411.jpgキャスティングはこれまたマニアックで主演に小林聡美(三谷幸喜の奥様)。10年前に突然レーダーから消えて消息を絶った国内線の飛行機が10年後に突然現れて・・・。と、ちょっとファンタジーのような人間ドラマです。
10年前に何が流行っていたか時代を懐かしむ部分と現代とのギャップ、こんなはずじゃなかったと誰もがどこかで思っている劣等感のようなものがちょっぴり切なく、そしてときにはおかしく描かれています。
あんまり視聴率は良くないけど、お話事態はいいので良かったら見てみてください。
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-18 11:52 | TV/CM

ミュンヘン

ミュンヘンオリンピックで実際にあったテロ事件を題材にスピルバーグが監督。
今年のアカデミー賞にも作品賞、ほかでノミネートされている「ミュンヘン」を見てきました。
e0023223_11572584.jpg1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こた。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成し、首謀者11名の殺害を企てる。リーダーに任命されたアフナー(エリック・バナ)は、仲間4人とともに殺害を実行していく中、次第に自分たちの任務に疑問を抱き・・・。

「真の平和とは何か?」を問う衝撃作。
主演は「トロイ」でブラッド・ピットと敵国で戦っていたり、「ハルク」で主役を
演じていたエリック・バナ。
日本ではまだ馴染みがないかもしれないけど、アメリカではけっこう主役級クラスの
演技派俳優さんです。
テロに報復することが本当に正しいのか?悲しみ傷つくけど、憎しみは何も生まない。
昔から何度となく繰り返されてきた人間同士の争いは延年と終わることがないのか?
と、絶望を感じてしまうけど、人々が本当に願うものは家族や身近な人々との平穏な暮らし。
そんな些細なものでも手に入れてそれを持続することがいかに大変かしみじみと感じた作品でした。

しかし、2時間40分は長かった・・・(^^:)
いろいろ描きたいのだろうけど、じっと座っているには物語に観客を引き込む要素が弱すぎます!
もうちょっとわかりやすくないと、映画をたまにしか見ない人には受け入れなれないかも!?

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-15 11:52 | MOVIE

対照的なダンス映画

最近異なるダンスの映画が同時期に公開中です。
1本目は「イベリア/魂のフラメンコ」。
e0023223_20212230.jpgカルロス・サウラ監督の今までの作品「タンゴ」「カルメン」「サロメ」など情熱的で迫力のあるダンスを見せる作品だったので期待して見に行ったものの今回はダンス発表会のような感じで裏切られました(T_T)歌も踊りも悪くないし、あの独特のステップにはこっちの足も勝手に動き出すようなのにセリフがないためかウトウトと眠くなり・・・
生で見ていたらきっと良いものなんだろうなと思ったけど、う~ん・・・(?_?)

評価 ☆

もう1本はアメリカ・ロスで流行っているクランプダンスの映画「RIZE」。
e0023223_20245451.jpgこちらはからだ全体をめいっぱい使って自分の感情を踊りにしてるダンスで、基礎を習って踊るとかそういうのではなく踊りたいから踊るだけ自然のままに!という感じでとにかく激しい!!
でも、見ている人を惹きつける圧倒的なパワーをもってる新しいダンス。
「ギャングかダンスかどちらを選ぶ?」みたいな貧しい黒人街で生まれ育った若者たちのダンスだけあって常に戦っているようにも見えるけど、一瞬一瞬を大事に生きる若者たちの魂の熱さが伝わるドキュメンタリー映画です(^-^)
むしゃくしゃしていたり、スカッとしたい人は映画館に行って一緒に踊ろう!

評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-14 20:29 | MOVIE

クラッシュ

ジャーヘッドに続き、夜はクリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を書いていたポール・ハギスの監督デビュー作「クラッシュ」を
見ました。e0023223_11125178.jpg
ロサンゼルス、日常的に起きる衝突事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人とその家族、盗みを働くアフリカ系アメリカ人、差別主義者の白人警官、やり手の黒人警官、そして裕福な黒人夫婦と白人夫婦。階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。
その先に人種ではなく人間としての幸せはあるのだろうか・・・。

今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞ほかにノミネート。
マット・ディロンは助演男優賞にもノミネートされているし、
去年『ホテル・ルワンダ』でノミネートされたドン・チードルやサンドラ・ブロックなど、キャストも有名どころからいろんな人種の俳優まで幅広くキャスティングされていています。
リアリティある演出は、緊張感たっぷりで、人間が根深く持っている人種差別や葛藤を見事に描いています。
人を見比べ、差別し、自分の居場所を確保することは安心だけど、世の中そうそう思い通りにはならないもの。
人はひとつの色だけでないから触れ合い、共感し、ときにはぶつかり合う。
ただ最後は、お互いを労われるようになれるかもと微かな希望の光りが見える心にぬくもりを感じる作品でした。

評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-11 23:53 | MOVIE

ジャーヘッド

湾岸戦争での実体験を赤裸々につづったA・スオフォードのベストセラー小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映画化した「ジャーヘッド」。e0023223_2133399.jpg
敵の姿などどこにもない砂漠でひたすら出動するのを待ち続ける若き海兵隊員。彼らの視線を通してハイテク戦争と言われた湾岸戦争の真実を描いています。
ジェイク・ギレンホールやピーター・サースガード(フライトプランにも出演中)、さらに「Ray」でオスカーを受賞した
ジェイミー・フォックス、「24」の黒人大統領も2.3シーン出演してて
豪華俳優人が競演!
ただの戦争映画ではない人間ドラマとなってます。

最近「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を見てからジェイクのファンに
なっていて(遅いですよね・・・)今までキルスティンの彼氏とか
トビー・マグワイヤとダブって見えたりとイマイチだったんだけど、
来月公開の「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞助演男優賞に
ノミネートされたりと、のぼり調子の彼に注目しています!
エンドロールでかかるカニエ・ウエストの曲が頭から
離れなくなるので要注意!
客層も圧倒的に男性多しって感じですが、迷彩服の男性もたまには
カッコイイかも!?と思えるのでぜひ見に行ってみてください(^o^)

評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-11 21:23 | MOVIE

フライトプラン

レディースデイなので久しぶりに銀座で見ました!
作品はジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」。
e0023223_14541293.jpg夫が突然の事故死を遂げ、失意の中、航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は6歳になる娘のジュリアを連れてベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込む。夫の棺を乗せ、飛び立つジャンボジェット。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。無事飛びち、機内でカイルは軽く睡眠をとろうする。しかし目を覚ますと隣で寝ていたジュリアの姿が消えていた。必死に機内を探し回るが乗客、乗員誰一人として娘の姿を見た者はいない・・・。
果たしてジュリアを無事見つけだすことはできるのか?

飛行機という完全密室の中でおこるサスペンス。
「羊だちの沈黙」以来、いまいちぱっとしないジョディ・フォスター。
彼女自身に子供ができたからか、前作『パニック・ルーム』に引き続き娘を守り抜く母を熱演!
“強くたくましい母”としては彼女でなければ良い作品に仕上がらなかっただろうと思うけど、なんか今ひとつ迫力にかけている気がします・・・。
ただ、セットの飛行機はすばらしくて、あれば乗ってみたいな~と思わせるほど豪華でした!
飛行機好き?にはオススメです(^^)

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-02-08 23:40 | MOVIE