<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さくら

春ですね~♪
家の前にある桜並木は、もう満開です(^o^)
おかげさまで毎日駅までの道を歩けばお花見状態です!
e0023223_1640519.jpg

毎年キレイにライトアップされて、
屋台は出るわで人通りも増えるし、
結構、賑わってます。

今週末が一番見ごろかもとTVで言ってました!
春はやっぱりお花見ですよね?
皆さんはお花見行きましたか?
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-31 09:39 | 日記

ナイスの森

渋谷の若者御用達!?
ラブホテル街の中に映画館が!
いつのまにできたのか?謎ですが・・・
カフェもあって新しい劇場だけにキレイだし、音も悪くなかったです。
そんな不思議な場所で不思議な映画「ナイスの森」を見ました。
e0023223_9504883.jpg監督は、映画だけではなく、CMやミュージックビデオなど多彩な映像分野で活躍する3名の監督(『茶の味』の石井克人、CM「FANTA」シリーズの三木俊一郎、『カスタムメイド10.30』のANIKI)が集結。


キャストも浅野忠信、寺島進、加瀬亮、池脇千鶴、他、
かなりの人数出てます。
21ものショート・ストーリーからなる150分もあって、「A面」と「B面」に
分かれてて、途中3分間の休憩をはさむという変わった上映方法を
とっています。
ちょっと長いけど、もてない3兄弟のやり取りがとってもおかしく、
情けない!
見ていてなぜかホっとします。
場所に抵抗のある方は、明るい時間に行ってみるといいかも!?

評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-25 18:50 | MOVIE

Birthday lunch

今日は、遅くなったけど、会社の人にBirthdayランチに連れてって
もらいました。
麻布十番にある「LA BRACE」
静かでオシャレ!料理も美味しかったし、大満足です!
Kさん、連れてってくれてありがとう(^o^)

麻布十番って雑貨や食事できるお店がいろいろあって、見てるうちに
会社に戻らないといけないのに、ブラブラしたくなっちゃいました~。
また、今度ゆっくり散策したいです♪
今日行ったお店のHPはこちら↓
www.geocities.jp/labrace_10ban/
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-24 16:08 | FOOD

今日は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を見てきました。
e0023223_1142537.jpgアメリカ・インディアナ州の田舎町。小さなダイナーを経営するトム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)は、妻のエディ(マリア・ベロ)や2人の子どもとともに、幸せな日々を過ごしていた。そんなある夜、彼の店が2人組の強盗に襲われてしまう。そこで強盗の銃を奪い取り、2人を撃ち倒したトムは、一躍ヒーローとして扱われることに。しかしそのことがきっかけで、彼の過去が明らかとなっていき、平穏だった家族が静かに崩れ始める・・・。

巨匠クローネンバーグ監督が“暴力”をテーマに真正面から取り組んだ作品。
一見残酷に見える暴力描写も、家族や自分を守るために起こした暴力の姿を
リアルにとらえています。
避けられない暴力の罪を、人はどう受け入れ、許すのか。
主人公の家族の姿が、それを繊細に浮き上がらせる。
主演のヴィゴ・モーテンセンの妙に素早い銃さばきが、ヒョウヒョウと
し過ぎててかなりうけるけど、暴力シーンと家族に対する態度や表情の
使い分け方は、素晴らしいほどの演技力です!
妻役のマリア・ベロも、夫への愛と隠された過去との間で苦しむ姿を熱演!
昔、「ER」に出てたなんて懐かしいこと憶えてる人いるのかしら?
ウィリアム・ハートやエド・ハリスの極悪人な姿がシブくて、ぴったり!
客層が圧倒的に男性多しって感じですが、ただのバイオレンス映画じゃなくて
ジワジワとダークな匂いが漂う部分と家族の愛情を考えさせられる
人間ドラマの部分があるので見所いっぱいです(^-^)
クセのある男好きな女性にはオススメです!

評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-20 23:42 | MOVIE

かもめ食堂

会社の帰りに雨の中、「かもめ食堂」を見に行きました。
平日だというのに、かなり混んでいてびっくり!
e0023223_13203352.jpg内容は、フィンランド・ヘルシンキの街角にオープンした「かもめ食堂」。そこの主人は、日本人女性のサチエさん(小林聡美)。メインメニューは梅・鮭・おかかのおにぎり。お客さんは、全然きません(^-^;)

毎日、お客がくるのを気長に待ちながら食器を磨き続けています。
ある日、ついに初めてのお客さん、青年トンミがやってきたものの
彼は、日本かぶれで、『ガッチャマン』の歌詞を教えてくださいと
言われたのに、サチエは「誰だ~!」のあとが思い出せません。
続きが気になって仕方ないサチエは、本屋のカフェで見かけた
日本人女性、ミドリさん(片桐はいり)に声をかけ、偶然知っていた
『ガッチャマン』の歌詞を教えてもらいます。
それから、ミドリはサチエの行為に甘えていつしかお店を手伝うように
なっていき、少しずつ「かもめ食堂」に変化が訪れようとしていました…。

03年に『バーバー吉野』でデビューした女性監督、荻上監督の最新作。
キャストに小林聡美、片桐はいり、もたいまさこと、個性派女優や、
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキの『過去のない男』の主演俳優、
マルック・ペルトラが出演しているのも驚きです!
ムーミンで有名なフィンランド。
森と海、自然に囲まれ、人々もの~んびりな感じが、特に大きなハプニングも
ないのに、なんとも言えない不思議で温かいお話に仕上がっています。
国籍問わず、おにぎりをおいしそうにほおばる姿は、見ているこっちが
お腹がすいてくる~!!って、言いたくなるおいしそうな料理が
画面いっぱい出てました(^o^)
見終わったあと、お腹すく度100%です!

評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-16 22:19 | MOVIE

好きだ、

会社の帰りに渋谷で映画を見てきました。
作品は「好きだ、」
出演は、宮崎あおい、瑛太、永作博美、西島秀俊。
あと、ほんのちょっとだけ、、加瀬亮くんも出演しています。
e0023223_20473743.jpgユウ(宮崎あおい)とヨースケ(瑛太)は高校に通う17歳。ヨースケは、いつも放課後になると川辺で同じメロディーばかりギターで弾いている。ユウの姉は、半年前に大切な人を亡くし、無理して穏やかな生活を続けていた。姉を心配していたヨースケとユウ。ある日、ヨースケがユウの姉を川辺に誘った。帰ってきた彼女は、ヨースケのあの曲を口ずさんでいた。
ユウは姉とヨースケが仲良くなっていくことに傷つきながらも、
ただ、そっと大好きなヨースケを見守っていた。
そして、ある日突然、哀しい出来事が起きる・・・。
それから17年後、34歳になったヨースケは、音楽スタジオで
偶然ユウに再会する。

e0023223_211693.jpg好きな男の子に、素直に気持ちを伝えられない17歳の少女を繊細に演じた宮崎あおいちゃんも、無口なヨースケを演じた瑛太も、不器用な男の子を好演していて、二人とも言葉にできないくらいのかわいらしさが画面いっぱいに伝わってきました(^-^)
17年後、34歳になったふたりを演じるのは西島秀俊と永作博美。
違和感を全く抱かせず、演じきった大人の二人も凄く良かったです!
川辺と空とギターの音色が静かな物語にスーっと入っていけて、
心が安らぎました。
青春って甘酸っぱく、苦しいって本当なんだなぁ~と、胸がキュ~ンと
なりました。
まだまだ上映中なので、心安らぎたい人や、
春だし、恋したいなぁなんて思う人は見に行ってみてください(^o^)

評価 ☆☆☆ 
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-13 23:39 | MOVIE

エミリー・ローズ

今日は見たいのはたくさんあったけど、
「エミリー・ローズ」を見ました。
私、意外とホラーが好きなんです・・・(^-^;)
e0023223_20321974.jpgある日、普通の女子大生だったエミリー・ローズ(19歳)が突然、死亡した。死因はムーア神父(トム・ウィルキンソン)によって行われた『悪魔祓い』。果たして彼女には悪魔が取り憑いていたのか?それとも単なる精神的病いだったのか?過失致死で起訴された、ムーア神父の裁判が始まる。やがて彼は、女性弁護士・エリン(ローラ・リニー)にエミリーの身に起こったことを語り始めた…。

実際にアメリカで起きた事件をもとにした法廷サスペンス。
ホラー映画は笑って見るものとアメリカにいるときに友達から教えて
もらったけど、ホラー色よりサスペンス色の方が強かったので、
怖さは全然なく、ちょっと残念(ToT)
映画の半分以上は、法廷と証人の証言を回想しているシーンばかり。
根っからのホラー好きには物足りないと思います。
上映中、悪魔って本当にいるのかもなぁ・・・
世界には、本当にとりつかれている人もいるのかもなぁ!?と
考えてしまって、ちょっぴり寒気を感じちゃいました(>_<)
世界で始めて悪魔を認めた裁判として有名らしいので、興味ある人は
見てください!

評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-12 20:16 | MOVIE

PARCO歌舞伎

今日は、三谷幸喜、脚本・演出した歌舞伎
「決闘!高田馬場」を見てきました!
e0023223_203271.jpg時は、元禄7年(1694年)。決闘の策略にハマってしまった叔父・菅野六郎左衛門を助けるため、飲んだくれ浪人・中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)が、決闘場所である高田馬場に走っていき、助太刀するお話です。
出演は、三谷作品お馴染み(家族でよく出ている)の市川染五郎。その他に、中村勘太郎(勘三郎の長男)、市川亀治郎など、実力派の若手歌舞伎役者が顔を揃えています!PARCO劇場は、客席も東銀座の歌舞伎座に比べ、何十倍も狭いので、ステージとの差も狭く、あんなに近くで歌舞伎が見れるなんて、
チケットをくれた友達Aちゃんに大感謝です!ありがとう\(^o^)/
さすが、¥12,000するだけの価値ありました!
三谷さんが構想8年もかけて作った力作なだけに
いつもの舞台作品とは違い、古典の面白さを堪能できました!
一人何役もやっていたので、着替えの早さ(どうやって着替えたの?と、
思うほど早い!!)や、高田馬場に走っていくスピード感がリアルで
こっちも間にあえ!って応援したくなりました。
着物を着た若い女性がチラホラいたりと客席は満員!
お腹痛くなるくらいたくさん笑ったし、家に帰ってからも劇中で流れる
『PA PA PA PA PA PA PA PA PA PA PA PA 、♪
PARCO歌舞伎見参!~ ♪』
という歌が、
頭から離れなくて・・・(^^;)
三谷さんの天才的才能に改めて惚れ直した一夜でした(^-^)
今月25日WOWOWで生中継があるので、もう一度見て
大笑いしたいです!
楽しみ☆
完売してるけど、運良くチケットが手に入ったら見に行ってみてください!
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-11 22:38 | LIVE

春、バーニーズで

WOWOWのドラマWで放送した「春、バーニーズで」。
e0023223_11344712.jpg会社員・筒井(西島秀俊)は、仕事先で出会った瞳と結婚する。瞳(寺島しのぶ)には離婚経験があり息子・文樹もいたが、瞳の母・正子(倍賞美津子)や瞳の妹で売れない画家の紗江(栗山千明)との関係も良好で、結婚生活に不満はなかった。ある時、家族で訪れた新宿のバーニーズ・ニューヨークで、筒井はかつて同棲していたオカマ・閻魔(田口トモロヲ)と偶然、再会する・・・。
ドラマの監督は映画やCM界で活躍している市川準(あおげば尊し、東京マリーゴールドなど)。
普通の人たちの生活を描くのがとってもうまい監督です。
大きな不満や理由もないのに、別の人生を想像してしまう日々…。
もし、この相手と結婚していなかったら?
もし、この会社に就職していなかったら?
もし…と、誰もが感じるふとした瞬間。
田口トモロヲさんのオカマ姿はかなり笑えますが、
そんな普通の人々がちょっと思ってしまう心の揺れを綴った人間ドラマ。

e0023223_11415857.jpg原作は、芥川賞作家・吉田修一。真っ黒なカバーが逆に新鮮な本です。小説としては短い方だけど、ふらっとどこかへ逃げ出したくなる気持ちや降りるはずの駅で電車を降りない気持ちはとってもわかる!って読みながら頷けます。私は原作を読んでからこのドラマを見たけど、西島秀俊さんは主人公にぴったりでした(^^)
ちょっと、疲れたなぁ~なんて思ったときには,
オススメな一冊です(^o^)
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-10 23:33 | BOOK

ジョージ・クルーニーが、アカデミー賞で見事、
最優秀助演男優賞を受賞した「シリアナ」を見てきました!e0023223_1933118.jpg
物語は、CIA諜報員ボブ(ジョージ・クルーニー)が、息子の進学を機にキャリアに終止符を打とうと決心する。その一方で、一流法律事務所の弁護士・ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアン(マット・デイモン)は、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談役となる。
そして、パキスタン人のワシームは、母国を離れ中東の油田で働いているが、過酷な労働と人間以下の生活に希望を失いかけ仲間と共にテロ行為へと走り始める…。

S・ソダーバーグ監督作『トラフィック』のチームが再結集して作られた
衝撃の社会派サスペンス。
アンサンブルドラマの手法で、地球規模の麻薬や石油売買の
世界をリアルに描き、国々の文明社会を見事に映しています。
石油を巡る駆け引きや陰謀を見つめて、「石油とは世界が依存する
コカインのようだ」と脚本家のギャガンが語るように、大人の
汚い世界が見事に描かれ、それぞれの役者さんもハマっています!
ショッキングな結末へと導いてゆくわりにそんなに重みを感じさせないのは
意外!?です。
風変わりなタイトル「シリアナ」とは、CIA近辺で用いられている
中東再建プロジェクトを指す専門用語らしいです。

とにかく10kg以上、体重を増やしてCIA諜報員を演じたジョージは、
本当に素晴らしい演技をしています。
「ER」の小児科医から早、10年以上経っていると思うと、
やっと映画スターとして認められた彼に心からおめでとう!と、
言いたいです(^o^)
5月公開の監督2作目の作品「グッドナイト&グッドラック」
(こちらも社会派作品)の公開が今から楽しみです!

評価 ☆☆☆ 
[PR]
by hiroko13mk | 2006-03-06 23:08 | MOVIE