<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

試写に当たったので、『ワールド・トレードセンター』を観てきました。e0023223_11173465.jpg
2001年9月11日、ワールド・トレード・センターの地下で、逃げ惑う人々を必死に誘導し、ビル崩落で地中深くに閉じ込められた湾岸警察官が奇跡の生還をしたお話。

社会派オリバー・ストーン監督が、
ニコラス・ケイジを主演に描いた作品。
事実を元にしているので、感動作のはずなのに、予告編に騙された!って
思うくらい泣けない作品。
ま、1ヶ所だけは泣けたけど、その程度かなぁ~。
あの惨劇を陳腐なものにしてはいけないのに、どうしちゃったの?って
感じです(-_-;
評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-24 23:57 | MOVIE

お宅訪問

e0023223_116733.jpg今日は、久しぶりに前の会社の人の家に、
2度目の訪問をしました。
手料理を並べて、またもや面白い話をたくさん聞かせてもらいました(^-^)
e0023223_1124866.jpg


外で集まって食べるのも楽しいけど、
家でまったりしながらもたまには楽しい!
とにかく美味しくて、パクパク食べちゃった。
また呼んでくださーい(^o^)
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-24 23:43 | FOOD

今日は2本立て

番宣しまくっていた『フラガール』を観てきました。
e0023223_1046644.jpg舞台は、昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代の変化と共に炭鉱会社は、閉鎖の危機に追い込まれ、地元では湧き出る温泉を活かしたレジャー施設、「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。
目玉となるのは、地元に住む娘たちのフラダンスのショー。
早速、本場ハワイでフラダンスを学び、
東京の松竹歌劇団で踊っていたという平山まどか(松雪泰子)を招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。
まどかは、ド素人の娘たちに一から教える苦労と、“ハワイ”を作る計画に
大反対の住民たちに周りの風当たりも強くなっていき…。

常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の
誕生秘話を完全映画化。
先生役の松雪泰子よりバレエの経験のある蒼井優のフラの方が断然キレイだし、気の強い女性たちにタジタジの炭坑夫を演じる豊川悦司がステキです。
来年の外国語アカデミー賞にも出品されることが決定!
出演者が猛特訓したフラのシーンは圧巻です。
時代の変化に翻弄され、苦悩する町の人々の姿を、涙あり、笑いありで描いています。
特に芝居もコントも変わらない南海キャンディーズのしずちゃんが、
おいしいシーンでみんなの涙を誘うので必見!
今年の日本映画の賞を総ナメするかも!?なので、
観ておくほうが良いと思います(^-^)
評価 ☆☆☆☆

2本目は、『イルマーレ』e0023223_10471468.jpg
シカゴの病院で働くケイト(サンドラ・ブロック)は、
湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。家を出る時、次の住人に宛てて手紙を残し、郵便物の転送をお願いした。
その家に新たに越してきたアレック(キアヌ・リーブス)は、手紙を見て不思議に思うものの、ポストに届く手紙のやりとりでケイトが2年後の世界にいることを知る。2人の不思議な文通は続き、
やがて愛し合うようになるのだが…。

同名の韓国映画、『イルマーレ』をハリウッドがリメイク。
『スピード』以来の共演となるキアヌ・リーブスサンドラ・ブロックが、シカゴの美しい街並みと共に大人のラブストーリーを描いた作品に仕上がっている。
が、キアヌってアクションの方が似合ってますね(^-^;
ラブストーリーだとぎこちなそうに見えるのは、私だけでしょうか?
劇中でかかる音楽もなかなか良いので、
ラブストーリーが苦手な人も楽しめるかも!?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-23 20:44 | MOVIE

X-MEN 完結

e0023223_0295681.jpg
前2作を観てるので、「完結編も見とくか!」と思い、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』観ちゃいました。
今回は、人間 VS ミュータント、ミュータント VS ミュータントの熱い戦いがメイン。
今までよりもアクションが濃い!

前作で死んだはずのジーン(ファムケ・ヤンセン)も復活。
相変わらず、ワイルドでカッコイイ! ヒュー・ジャックマンやアカデミー女優、
ハル・ベリーも白髪だけどキレイです。
期待の若手も何人か起用していて、その中のエレン・ペイジという
『ハード・キャンディー』で主演した女の子は、また違う魅力を見せてます。
今までのを見てなくても話しについていけるように作られてるから、
お時間あったら観てみては?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-21 22:28 | MOVIE

3連休に観た日本映画

3連休は、日本映画を2本観ました。e0023223_192417.jpg1本目は、『バックダンサーズ』
人気絶頂のトップヴォーカリスト・ジュリが、突然の電撃引退を発表!
後に残ったのは、4人のバックダンサーだった…。
不器用だけど、ダンスが大好きなミウ、ダンスの才能はピカイチで、リーダー的存在のよしか、元キャバ嬢のともえ、アイドル志望の愛子。ステージを奪われた4人は、新米マネージャー・茶野と新たなステージを探し始める…。

主役の“バックダンサーズ”を演じるのは、元SPEEDのhiro、平山あや、ソニン、サエコの4人。
もう少し、踊りのシーンが多ければなぁ~とか、ラストがうまくしまってないなぁーとか…
納得できないとこも多数あったけど、ダンス映画&頑張る女子の
のし上がり系自体は好きなので意外と面白い部分もあったかな。
まだ、公開したばかりなので、体を動かしたい人にはオススメかも!?
評価 ☆

もう1本は、何かと旬の沢尻エリカ主演『シュガー&スパイス』e0023223_1103265.jpg
東京・福生市。高校を卒業した志郎(柳楽優弥)は大学に行かず、ガソリンスタンドで働くフリーター。アメリカかぶれの祖母(夏木マリ)だけは、何かと味方をしてくれる。
そんなある日、ガソリンスタンドに新たなバイトとして乃里子(沢尻エリカ)が入ってきた。一緒に働くうちに、志郎は乃里子にある感情を抱くようになる。
一方、乃里子も志郎の優しさに魅かれるようになり二人は付き合うように…。
だが、甘酸っぱい季節を脅かす存在が現れる…。

原作は山田詠美の短編集「風味絶佳」の中の、同名の短編。
柳楽くんの不器用でまっすぐな魅力がわかりやすくてイイで!
ヒロイン役の沢尻エリカが、とにかくカワイイ。
ただ、彼女よりもうちょっと年上の女性の方がより女っぽい魅力が
出ていたのかなぁ?と、個人的な感想もあり…
一番目立っていたグランマ役の夏木マリのドスの聞いた
しゃべり方には笑えるけど、オアシスの曲が恋の一番楽しい時期と
うまくマッチしてます。
前半眠くなるし、話の展開は読めるけど、観てる人は「恋したいなぁ~」なんて
ちょっと思っちゃうかもね。
評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-18 21:08 | MOVIE

ママとお食事

e0023223_11124791.jpg今日は、上京してきたママと銀座の「キムカツ」に行きました。
恵比寿だと並ぶのに、銀座は席が空いたら電話をくれるので、近くで買い物しててもOKなとこがイイ!


e0023223_1113682.jpg

炊きたてのゴハン(お米がキラキラ
してるの~)と、やわらかいとんかつが
最高!
相変わらず美味しかった(^o^)
また、行きたいです!
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-16 20:09 | FOOD

hon・nin

買ってからやっと読んだ松尾スズキ
スーパーバイザーをやってる『hon・nin』
連載ものもクドカン、宮崎吐夢など大人計画のメンバーから安野モヨコ、
堤幸彦
など個性派っていうか濃い人ばかり・・・(^-^;
e0023223_031368.jpg
¥1,000くらいなのでお高い雑誌だけど、読む価値はあると思います。
これって、一部にしかウケない雑誌だと思うけど、
こういう雑誌も必要だからファッション雑誌だけでは
なく、マニアックな世界も堪能してみては?
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-14 23:50 | BOOK

死神ホラーシリーズ?の新作『ファイナル・デッドコースター』
e0023223_0384982.jpg
ハリウッドホラーの王道!?
意外にもハマってて、過去2作もちゃんと
観てます(^-^;
1作目は飛行機、2作目はハイウェイ、3作目はジェットコースターと毎回ヒヤヒヤさせます。
パターンとしは、主人公が事故を予知し、
起こるはずだったものを避けたことにより死神の呪いが執念深く続くというお話。

回を増すごとに、残虐さがひどくなっていってるような気がするけど、
何も考えずに見れるので意外と楽!
ストーリー性は置いといて、テンポだけは良いので、
あっという間に終わっちゃいます。
すばらしい映画はいっぱいあるけど、
こういうのもたまには、オススメですよ(^-^)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-14 23:38 | MOVIE

涙そうそう

もうすぐ公開の『涙そうそう』の本が売っていたので、買って読んでみました。
e0023223_11431759.jpg沖縄を舞台に、いつか店を出すという夢を持ってまじめに働く青年と妹の兄弟愛を描いた切ないお話。
映画で兄妹を演じるのは妻夫木聡長澤まさみ
本とイメージが合うからパァーっと読んじゃいました!
話の流れは、よくあるよなパターンなんだけど
とにかく泣ける泣ける(ToT)
公開前でもあとでも読んどくのは、オススメです(^-^)
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-13 23:25 | BOOK

マイアミ・バイス

今日は、レディースデイ。
『マイアミ・バイス』を観ました。e0023223_2245577.jpg
フロリダの楽園マイアミでは、犯罪組織の密輸の中継地でもある危険地帯。
マイアミ警察特捜課の刑事コンビ、クロケットとダブスは、抜群のチームワークを見せるコンビ。ある日、FBIの潜入捜査官がおとり捜査の現場で殺される。
FBIはクロケットとダブスに、生還の可能性がゼロに近い危険な捜査を要請した…。

80年代に放送されたテレビ・ドラマ「マイアミ・バイス」を当時プロデューサー
だったマイケル・マンが今回は自ら監督をやってます。
「ヒート」など、男くさい映画を撮るのがうまいだけあって、
嫉妬を背中で表現させるなんて渋い!
「SWAT」のコリン・ファレルが、悪党より悪人顔なのもウケます(^o^)
コンビ相手のジェイミー・フォックスも確かにカッコいいけど、ヒロインを演じた
コン・リーの妖艶でタフな女は、他の役者の負けてない!
ちょっと長いけど、なかなか面白かったかな。
昔のTV版も機会があったら見てみたいです(^-^)

評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2006-09-13 22:42 | MOVIE