<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

渋谷で映画

渋谷で久しぶりに映画を観ました。
1本目は『毛皮のエロス』
e0023223_22302935.jpg1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバスは、ファッション・カメラマンである夫アランのアシスタントとして働いていた。そんなある日の夜、ダイアンは隣に越してきた、マスクを被った男・ライオネルの異形に激しく心を奪われ、意を決し、カメラを手に彼の部屋のベルを鳴らす…。

強烈で独創的な写真家・ダイアン・アーバスの伝記映画。
ニコール・キッドマンが、独特な感覚を持つ主人公を美しく不思議な雰囲気で演じています。
かなりのアート系映画なので、興味のある人は是非!
評価 ☆+0.5

もう1本は、『恋愛睡眠のすすめ』e0023223_2238591.jpg
心機一転、新しいスタートを切ろうとメキシコから母親を頼ってパリにやって来たステファン。
ところが、紹介された仕事は望んでいたイラストレーターではなく、退屈なカレンダーの製版係。がっかりしていた矢先、アパートの隣りに素敵な女の子ステファニーが越してきて恋愛モードに。
でもシャイなステファンは、夢の中でしか思い通りに行動できず、虚しく空回りするばかり。
いつしか夢と現実の区別もつかなくなって自分も周りも困惑し始める…。

『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー監督が、
100%プライベートな映画というだけあって、彼の想像力と創造力が
遺憾なく発揮されていて、かなりゆる~い感じにしあがっています。
とにかくガエル・ガルシア・ベルナルが、ダメ男なんだけど
かわいくてかわいくてしょうがない!
デートムービーなのでカップルが多いけど、そんなの気にしない女子たちに
観てほしい1作。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-26 22:28 | MOVIE

眉山

今日は、『眉山』を観ました。e0023223_22484093.jpg
東京で働く咲子は、母の入院の知らせを受け、久しぶりに徳島に帰郷する。母子家庭で育った咲子は、気が強く何でも一人で決めてしまう母に寂しさを感じていた。ある日、風呂敷につつまれた箱を手渡された咲子は、中に死んだと聞かされていた父から毎年届いていた手紙の束が入っていて驚く。
隠された母の恋を知った咲子は、東京に戻り両親の思い出の場所を訪ね歩くことにした…。

さだまさし原作の同名の小説を、『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督が映画化。
タイトルの眉山と言えば徳島、徳島と言えば阿波踊り。
ラストの阿波踊りシーンは必見!
出演は、松嶋菜々子大沢たかお宮本信子と豪華。
中でも本作が10年ぶりの映画出演となる宮本信子は、凛とした江戸っ子な女性を
演じきっている。
松嶋菜々子の浴衣姿もステキだし、家族・恋・医療の話がうまく描かれていて涙が
止まらなくなります(T_T)
観終わった後に、家族と話したくなる映画です。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-20 22:47 | MOVIE

主人公は僕だった

お相撲のあとに、『主人公は僕だった』を観ました。
e0023223_21265935.jpg平凡で面白みのない男、ハロルドは、国税庁の会計検査官。なんの刺激もない毎日決まりきった生活を送っていたがある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。
ハロルドの頭にたびたび響くようになり、どうやら彼女の話し方では、小説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしたのだ。
慌てたハロルドは、自分の運命を変えようと奮闘し始まる…。

主役は、ウィル・ファレル。コメディ作品のおなじみの彼だが、やはりこうゆう俳優は何をやらせてもうまい!と思わせるほど平凡でつまらないおじさんをきちんと演じている。
脇を固めるダスティ・ホフマンエマ・トンプソンマギー・ギレンホールなど良いキャストと脚本で大人が観れる映画を作っている。
夏の話題作もいいけど、こういう味のある作品をオススメ(^-^)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-19 23:59 | MOVIE

初観戦

e0023223_014263.jpg
今日は、お相撲も観に行きました。
実は、国技館で観るのは初めて!
土曜だったから人がいっぱいで中に入るのも一苦労(^-^;
人気も回復したのか満員御礼の札が!
2階席だったけど、けっこうはっきり見えるし、とにかく1試合1試合の
お客さんの熱気にこっちも興奮しちゃいました。
今まで興味なかったけど、思った以上になかなか面白かったので、
次回は1階席で見てみたいなぁ~♪

T子ちゃま
チケットを取ってくれたうえに隣でずっと解説してくれてどうもありがとう(^-^)
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-19 23:55 | SPORTS

初ピザ

e0023223_23503461.jpg

今日は、お使いを頼まれた帰りにプランタン銀座でランチを購入。
前から食べたかったkonopizzaのピザを1つ持ち帰りにしました。
イタリアで人気のお店らしく、アイスみたいにコーン型で中にピザの具を詰め、
回転式のオーブンで焼くのです。
食べても食べても底まで具が詰まっているからけっこうお腹いっぱいになります!
また、今度違う味を食べよう(^o^)
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-18 16:46 | FOOD

アクション2本立て

まずは、いかにもB級の映画『スモーキン・エース』e0023223_2314858.jpgラスベガスで人気のマジシャン、エースは、ギャングたちと付き合っているうちに、自らもギャング稼業を始めてしまった。だが失敗し逮捕されたエースは、終身刑を免れるためにFBIとの司法取引に応じようとしていた。エースの裏切り行為にご立腹のマフィア界の超大物・スパラッザは、100万ドルの賞金を出して、世界中のプロの殺し屋たちがエースを狙うよう仕掛けた・・・。

『NARC ナーク』の監督ジョー・カーナハン。
キャストもこういうB級作品の常連、レイ・リオッタや、なんでこの作品を
スクリーンデビュー作に選んだかは謎!?のグラミー賞受賞シンガー、
アリシア・キースなど濃い人が出てます。
とにかく、何も考えないで観れるので、意外とスカっとするかも!?
評価 ☆☆

もう1本は、『スパイダーマン3』e0023223_23271797.jpg
スパイダーマンとしてはNY市民にヒーローとして愛され、大学では成績トップ、ブロードウェイ・デビューを果たした恋人MJとの関係も良好とすべてが順調だった。ところが、叔父を殺害した犯人が脱獄し、同時期に謎の黒い液状生命体にも取り憑かれ、復讐と憎しみの感情に支配されたパーカーは、ブラック・スパイダーマンになってしまう・・・。
果たしてパーカーは、元のスパイダーマンに戻れるのか。

シリーズ3作目は、自分との戦いがテーマ。
パーカー役のトビー・マグワイヤが劇中で踊る怪しいダンスの下手さには
大爆笑しちゃうけど、キルスティン・ダンストが大人になってより
カワイくキレイなってて驚いたし、ジェームズ・フランコも相変わらずカッコいいし、
主要3人に変わりがないのは安心して観れました。
内容は、不評な意見も聞くけど、2のときよりは良いかなぁ~と個人的には思いました。
パイレーツ公開までには観とくべき1本です!
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-13 23:11 | MOVIE

お気に入りのジュース

e0023223_23283882.jpg

今日は、ママとIKEAにGO!
いや~GWだからホントに混んでました(^-^;

帰りにお気に入りのスウェーデン製こけももジュースを買って帰りました。
これが、最初すっぱいのに気づくと病みつきになる不思議なジュースなのです。
こけももなんてなかなか飲まないので、行く度に買ってしまう・・・。
2箱も買って帰ったらけっこう重かったけど、また今度行ったら買っちゃおう♪
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-04 23:25 | FOOD

クィーン

今年のアカデミー賞主演女優賞を受賞した『クィーン』を観ました。e0023223_201326.jpg
1997年8月、パリでダイアナが交通事故で亡くなった。イギリス王室においてダイアナはいつも頭痛の種。チャールズ皇太子との離婚後、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであったため、女王はコメントを避けることにした。だが、世界中の人気者だったダイアナへの急死はマスコミの加熱報道もあり、何もコメントを出さない王室にイギリス国民の非難が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じていた・・・。

どこまでがフィクションなのかはわからないけど、ロイヤルファミリーの本音が見えて
王室の体制や対応に厭きれる部分も多いが、女王の苦悩と葛藤が赤裸々に伝わるので
評判どおり女王に共感や同情を感じます。
演じたヘレン・ミレンの凛とした姿は、
今後の映画界の歴史の中でもかなりの印象を残す名演技となるだろう。
評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-03 20:12 | MOVIE

東京タワー

2時間ドラマ→連続ドラマ→映画と、どんだけやれば気が済むんだ?と思うけど
やっぱり観ると泣いちゃう『東京タワー オカンとボクと時々オトン』を観ました。e0023223_19542028.jpg
主役を演じたのは、今まで大泉洋、速水もこみちでしたが、今回のオダギリジョーもなかなか良かった(^-^)
でも、原作者リリー・フランキーさんを一番彷彿させるのは、やっぱり大泉洋かなぁ。



脚本が松尾スズキなだけに前半かなり笑える部分もあったけど、
先に連続ドラマでもこみちが視聴率低迷にしてくれたせいか映画は、
良いのにあまりお客さんが入っていなかったです(-_-;

オカン役の樹木希林が、圧倒的な存在感と演技力で観てるだけで
どんどんハンカチが濡れて、涙がどうにもこうにも止まらなかった(T_T)
本を読んでない人でもわかりやすいので是非!
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-05-03 19:34 | MOVIE