<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

街のあかり

アキ・カウリスマキの新作『街のあかり』を観てきました。
e0023223_14381839.jpg
警備会社で働く男コイスティネンは、友人も恋人も家族もいない、孤独な生活を送っている淋しい男。売店の女性アイラだけがそんな彼を見つめていたが、コイスティネンはその思いに気づく事もなかった。
そんな彼に目をつけたギャングは、自分の情婦ミルヤをコイスティネンのもとに送り、
誘惑させ強盗に加担させようとする。
ミルヤに恋をしたコイスティネンは、案の定犯罪に巻き込まれ刑務所行きになってしまう・・・。

『浮き雲』『過去のない男』と独特の世界を描くフィンランドの映像作家アキ・カウリスマキ。
彼の作品の主人公たちは極端に無口で無表情。
ダメ男を描かせたらこの人の右に出るものはいない!と思うくらいホントにダメ男。
でも、希望の光はいつもあるので、最後まで見逃せないです。
静か過ぎて眠くなる人もいるかもしれないけど、頑張ってみてください(笑)
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-29 22:36 | MOVIE

焼肉とカラオケ

e0023223_1453557.jpg
今日は、午前中仕事でした(>_<)
帰りに会社の子が焼肉食べたいっていうので、一緒に付き合って久しぶりに
焼肉を食べました。
その後、満腹になったので、次はカロリー消費のためカラオケに(笑)
ここでも2時間熱唱。
久しぶりに歌ったなぁ♪
精神的に疲れてたのか暗い歌ばかり唄う彼女につられて、
私も気がつけば暗~い歌を唄ってました(^_^;

たまには、こういう休日もいいかも!?
Tちゃん、また行きましょう!
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-28 18:27 | FOOD

3連休明けの火曜、まず札幌に日帰り出張。
水・木と出社して激務に追われ、金曜は名古屋出張・・・。
これまた日帰りです(-_-;
昼から取引先にビールを飲まされたりと働くってしんどい(T_T)

来週は、穏やかな1週間になりますように・・・☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-21 23:23 | 日記

レッスンとダイハード

今日は2本観ました。
1本目は、『レッスン』
e0023223_14215599.jpg社交ダンスの講師、ピエール・デュレイン(アントニオ・バンデラス)は、車を破壊し、逃げ去る少年に遭遇した。壊された車の持ち主は、その少年の高校の校長だったとわかったピーエルは、翌日校長を尋ね、「社交ダンスで生徒を更正したい」と申し出た。
彼の粘り強い交渉に、校長もしぶしぶ承諾したものの長くは続かないと思っていた。
同じく生徒たちもバカにしていたが、レッスンが進むにつれ、社交ダンスの魅力に取り付かれていく…。

本作は、実話に基づいた話で、現在もニューヨークの多数の学校で社交ダンスがカリキュラムに含まれているとこが多いそうです。
アントニオのスペイン訛りの英語は、相変わらずだけどダンスはなかなかカッコイイ!
社交ダンスもヒップホップも関係なく、とにかく観てると体がうずうずしてくるので、
観終わったら踊りたくなる人もいるかも!?
たまには、こういう爽やかな青春ものもオススメです。
評価 ☆☆


もう1本は、『ダイハード4.0』e0023223_1422851.jpg
あれから12年。マクレーンは相変わらず刑事として働いていた。ある日、護送を指示され現場へ向かうと、複数のあやしげな男たちがいた。
またもや運の悪い男・マクレーンは、巨大な犯罪へと巻き込まれていくことになる・・・。

内容が単純なだけに、上映時間が長いのがどーも納得がいかず、途中で飽きてしまった。
マギーQは、とってもセクシーだけど、ブルース・ウィリスと一緒に逃げる男の子は誰?って感じだし、犯人もインパクト弱いし、期待しすぎたのかなー。
かなり残念(T_T)
ま、パイレーツよりは楽しめたかなと思ったので、夏の大作としては観とくべきかも。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-16 22:20 | MOVIE

話題作、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を観てきました。
e0023223_13123571.jpg両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻ると、家には、母の連れ子だった兄・宍道(永瀬正敏))と結婚相談所の紹介で嫁いできた兄嫁・待子(永作博美)、内向的な妹・清深(佐津川愛美)がいた。
4年前、女優になることを反対された澄伽は、同級生を相手に売春をし、自己資金を貯め東京に上京。それを清深が漫画にし、雑誌に掲載したことで澄伽は自信を失い、オーディションも落ちるばかりの日々だった。
清深は反省し、絵を描くことを止めたにもかかわらず、澄伽は自分の人生がうまくいかないことすべてを清深のせいにしていじめる。
あまりにも激しいいじめに清深は、抑えていた絵を描く願望を復活させてしまう・・・。

「劇団 本谷有希子」が手がけた同名の戯曲が映画化。
自意識過剰で勘違い女を熱演した佐藤江梨子はまさに適役!
でも、誰よりも面白かったのは永作博美。この人はいつくなんだろう?
ずっと見た目が変わらないでいられるのには驚き。
ブラック過ぎて気分悪くなるけど、よくできてる。
まだの人は是非、劇場へ!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-08 19:11 | MOVIE

レベル13

もうすぐ公開も終了してしまうので、今日は『レベル13』を観てきました。e0023223_136677.jpg
クビを言い渡された直後、プチットの携帯電話が鳴った。大金のかかったゲームへの挑戦権が得られたと話だす相手を誰かもわからず疑うが、借金で悩むプチットはゲームへの参加を決めてしまう。
それは、13通りの究極のゲームをクリアすると多額の賞金が手に入るというものだった。ただそのゲームの中身は人道にはずれていて次第にプチットの人間性を壊しはじめる・・・。
果たして彼は賞金を手に入れられるのか?

タイ発の本作は、ハリウッドでのリメイクも決まっている注目作。
途中かなり具合が悪くなるくらいの映像描写はあるもののストーリー全体は、
驚くほど良くできている。
気持ち悪くなるけど、観る価値はある!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-04 23:55 | MOVIE

サイドカーに犬

今日は映画の日。
『サイドカーに犬』を観ました。
e0023223_12524852.jpg不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとることにし、馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、昔、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日間のことを思い出していた。
父はヨーコさんという女性を家に呼び、「この人がしばらくお前らの世話をするから・・・」と言った。彼女は、たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食後には、弟に「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。
自転車の乗れない薫に乗り方を教えてくれたことで、薫はよりヨーコさんと仲良くなり
二人の短い夏休みが始まった・・・。

主演は、竹内結子
離婚問題などスキャンダルな部分での話題が先行したせいか
悪女な役も意外と似合ってたけど、この人はやっぱり女優オーラが弱い!
古田新太の存在感と子供たちはなかなか良かったけど、子供より足や腕が細い竹内結子は気味悪い・・・。
期待しすぎたのかも!?だけど、内容は悪くはなかったです。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-07-01 21:41 | MOVIE