<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

フランスで有名なシャンソン歌手の自伝を描いた『エデイット・ピアフ 愛の讃歌』を観てきました。
e0023223_23275422.jpg1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディットは幼くして両親と生き別れ、祖母が営む娼館に引き取られる。何年かして大道芸人の父に引き取られ、日銭を稼ぐためにストリートで歌っているところを、名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレに認められ、その歌声から“ピアフ(雀)”と名づけられる。
やがて世界的なスター歌手に成長した彼女に生涯最愛の恋人マルセルが現れるのだが…。

「愛の讚歌」「バラ色の人生」など、数々の名曲が出てくるが、
最後に流れる「水に流して」という曲こそ、ピアフの人生そのものを歌っていて
聞くだけで涙が止まらなくなります。
47歳という短い人生、後半、体を壊し老婆のようなになった彼女の姿を
全身全霊で演じきったマリオン・コティヤールは、今年のアカデミーにノミネートされても
おかしくないくらい迫真の演技を披露している。
ここまで波乱万丈な人生に、普通の人はちょっとひいちゃうかもしれないけど、
だからこそ歌に情熱が込められていて、聴くと感動してしまう。
上映時間も長いけど、時間を感じないくらいあっという間に過ぎるので、
これは今年観とかないといけない1本!
評価 ☆☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-30 23:26 | MOVIE

幸せのレシピ

ドイツ映画のリメイク『幸せのレシピ』を観てきました。
e0023223_23123464.jpgニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイトは完璧主義者。仕事に対する情熱は人一倍だけど、人とはうまく付き合えず、お客ともトラブルを起こすので、レストランのオーナーに強制的にセラピーに通わされるハメに。そんなとき予期せぬ姉の事故死の連絡が入る・・・。


e0023223_23224786.jpg
久々の本物のハートウォーミング・ストーリー。
気の強い女性のイメージがあるキャサリン・ゼタ=ジョーンズが今回は女の脆さもうまく演じてたけど、それよりもニックを演じる『サンキュー・スモーキング』で注目を集めたアーロン・エッカートのキュートさの方が目立っていて、世の女性の心をグイっとつかんだこと間違いなし!

ゾーイを演じる『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミーにもノミネートされた天才子役のアビゲイル・ブレスリンは、ますますかわいくなって将来注目!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-30 23:11 | MOVIE

SPOTが気になって『パーフェクトストレンジャー』を観てきました。
e0023223_22482710.jpg
議員のスクープを握りつぶされて会社を辞めた元新聞記者のロウィーナは、ある夜、幼馴染のグレースから広告業界の大物ハリソン・ヒルとの不倫スキャンダルの話を聞いた。その数日後、グレースは変死体となって発見されてしまい、死の真相がハリソンの口封じではないかと疑ったロウィーナは、大スクープを得るべく独自の調査を開始する。
元同僚のマイルズの力を借り、偽名でハリソンの会社にもぐりこむことに成功するがそこには思いもよらない秘密が隠されていた…。

SPOTどおりラスト寸前まで誰が犯人かわからないようにうまく仕組まれているよるけど、
サスペンス好きな人には、だいたい犯人が最初からわかるような作りになってます。
ハル・ベリーのセクシーさとブルース・ウィリスのいやらしい金持ちおっさんぷりは
見ごたえあり!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-30 18:43 | MOVIE

癒しの日本映画

『めがね』を観ました。
e0023223_2233610.jpgタエコは、大きなトランクを一つ提げて、海がきれいな民宿「ハマダ」に宿をとったが、観光する所もない田舎町なうえにハマダの近くには不思議な人々が集っていて、毎朝、浜辺で「メルシー体操」という謎の体操が行われていた。
高校教師のハルナ、笑顔でカキ氷を振舞うサクラなど、彼らのマイペースさに耐え切れないタエコは、ハマダを出て、町でもうひとつの民宿「マリン・パレス」に移ろうとする…。


『かもめ食堂』の荻上監督が描いた新作。今回のテーマは、「旅」。
前回に続き出演している小林聡美、もたいまさこらに加え、市川実日子、光石研、
加瀬亮
らと個性派ばかり。
静か過ぎて寝てしまう続出?だけど、夏の疲れを癒してくれる1本です。
評価 ☆+0.5

もう1本、年間何本撮ってるのか謎の堤幸彦監督の新作『包帯クラブ』を観ました。e0023223_22142748.jpg
偶然出会った不思議な少年ディノ、タンシオ、たちと、心に傷を持つ人々からインターネットで傷ついた出来事を投稿してもらい、その人が傷ついた場所に包帯を巻いてデジカメで撮影し、投稿者に送るという
<包帯クラブ>を発足した。
最初は活動に充実感を覚えていたメンバーだったが、やがて自分たちの傷が次第に明らかになる…。

天童荒太の書き下ろし小説。
当人にしかわからない傷の痛みをじわっとやわらかく包み込む主人公たちに自分も癒されていくような錯覚を覚えるやさしい映画。
ちょっと大人になった柳楽優弥石原さとみの演技も光っていて地味な映画だけど、良い作品です。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-23 22:36 | MOVIE

アメリカで人気のマーベル・コミックシリーズの映画化第2弾、
『ファンタステシック・フォー/銀河の危機』を観てきました。
e0023223_2211444.jpg前作で人類の危機を救ったファンタスティック・フォーのメンバーはすっかり有名人になっていた。リードとスーは話題にされながらも結婚式の準備を進めていた。しかし挙式当日、NYで式を行う彼らの上を謎の閃光が駆け抜け、上空を飛んでいたヘリが墜落。“ヒューマン・トーチ”ジョニーが閃光を追うと、銀色の未知の生命体、シルバーサーファーがいた・・・。
彼は、地球を破壊すべく遠くの惑星から来た者だった。
果たしてファンタスティック・フォーは、地球の危機を救えるのか?

ジェシカ・アルバは、相変わらずカワイイけど、本当にアメコミは日本では
当たりずらいと思うくらいアメリカンに作られてます(^_^;
時間も短いし、あっという間に終わるからさらっと観るのには向いてるかも。
評価 ☆+0・5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-23 22:12 | MOVIE

グラインドハウス

タランティーノとロドリゲスが制作した2本の映画を観てきました。
1本目は、タランティーノバージョン『デスプルーフ』
e0023223_20512962.jpgテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達とお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男、スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を一瞬緩めていくが残酷な結末が待ち受けていた。
その14ヶ月後、テネシーのとある町。映画撮影に携わっているキムたちは、撮影の合間をぬって車の試乗をすることに。しかしそんな彼女たちの前にまたしてもマイクが現れる…。

60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の再現。
ガールズトークのシーンが長いのは気になるけど、殺人鬼役のカート・ラッセルの怪演ぷりも
最高だし、後半はちょっと爆笑しちゃうけど、スカっとします!
評価 ☆☆+0.5

ロドリゲスバージョンの『プラネット・テラー』
e0023223_21553563.jpgテキサスの田舎町。米軍部隊長のマルドゥーンと科学者のアビーは生物化学兵器の取引をしていた。しかし予備の試薬を隠していることをマルドゥーンに知られたアビーは、実験装置を破壊。そのせいで噴出したガスによりその場にいた軍人たちはゾンビになっていった。
一方ストリッパーのチェリーは、別れた恋人のレイとドライブ中に、ゾンビに片足を食いちぎられてしまう。街中にゾンビが溢れ、逃げ惑う人々は協力して戦うことにしたが・・・。
B級ゾンビ映画らしい出来上がり。
劇場内に男の人しかいなかったのも納得!
ブルース・ウィリスもちょこっと出てるけど、どちらの作品にもCSIやLOSTなど
海外ドラマでレギュラー出演してる人がけっこう出てるから探してみるのも
面白いかも!?
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-22 20:27 | MOVIE

無謀な北陸出張

e0023223_19421047.jpg
昨日、今日と2日間で北陸3県を出張。
富山空港から入ってその日に石川県金沢に到着。
スケジュールどおりこなし、夜は爆睡。
翌日は、福井に入りました。
お客さんに福井は蕎麦が美味しいからとご馳走になり、最後小松空港に着く頃には
ヘトヘト・・・(x_x)
今度は、ゆっくり来たいです。
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-21 21:36 | FOOD

題名のない子守唄

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作『題名のない子守唄』を観ました。
e0023223_1138720.jpg北イタリアのトリエステにやって来たイレーナが、金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に練られた作戦通りの結果だった。完璧な仕事ぶりですぐに夫妻の信頼を得ると、一人娘テアの心も確実に掴み、イレーナの目的は着実に達成されようとしていた。しかし謎の男が彼女に近づき、忌まわしい過去も忍び寄りはじめていた・・・。

サスペンスを全面に押し出しているものの、常連であるエンニオ・モリコーネ
音楽はやっぱりうまくそれぞれのシーンに流れるのでラストは涙なくしては観れません!
マレーナ以来だけど、やはりこの監督は、女の強さと弱さをうまく表現できる
数少ない巨匠だなぁと思いました。
意外と混んでたのでお早めに。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-17 20:36 | MOVIE

イマイチ話題が弱かったけど、友達が製作に関わっていたので、
『スキヤキウエスタンジャンゴ』 を観ました。
e0023223_11104263.jpg
時は、壇ノ浦の戦いから数百年後、平家の落人が拓いた山あいの村には、埋蔵金の噂を聞きつけ押し寄せたよそ者たちが溢れ好き放題に暮らしていた。
平清盛の平家ギャングと源義経率いる源氏ギャングの果て無き抗争にある日、さすらいのガンマンが流れ着く。
清盛も義経も凄腕のガンマンを用心棒にしようと画策する・・・。

日本の俳優が全編英語のセリフに臨み、アクションを繰り広げたわりに海猿・伊藤英明だけが
かなりヘタすぎてういてました(笑)
伊勢谷友介木村佳乃は英語が上手だけど、佐藤浩市香川照之
英語のセリフに必死すぎてなんかかわいそうだったけど、
クエンティン・タランティーノ桃井かおりのシーンはかなり面白かった!
鬼才・三池崇史監督だから撮れたのだと思う1作。
サブちゃんのエンディング曲もぴったり!?
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-17 11:09 | MOVIE

HERO

キムタクが熱い!『HERO』を観ました。
e0023223_11251076.jpg東京地検・城西支部の検事・久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件で無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。
豪腕弁護士・蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込む。
久利生は、事務官の雨宮と証拠があるとされる韓国まで奔走する。果たして、久利生は、事件を有罪にできるのか・・・。

大ヒットドラマを映画化するのはよくあるけど、今の世の中こんなのがヒットするとは・・・。
別に2時間スペシャルでも良かったと思うのは私だけ?
ドラマと同じメンバーも今じゃ主役級の俳優さんばかり。
宣伝費も相当かけたおかげか大ヒットしたけど、もっと中身の濃い映画は
たくさんあるので、これはこれって割り切って観るにはオススメかな。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2007-09-15 18:24 | MOVIE