<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

話題の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観ました。
e0023223_1592486.jpg舞台は、1957年。相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から逃れたインディは、大学も強制休職となり街を出ようとしていた。だがそこに、マットという若者が声をかけてきて「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かい、ようやくクリスタル・スカルを手に入れたが、そこで待ち構えていたのはスパルコたちだった。すぐに捕らえられてしまった。果たして、インディは、クリスタル・スカルを取り戻すことができるのか?

大ヒットを飛ばしたシリーズの第4弾。
インディ役のハリソン・フォードもさすがに年をとったので、迫力は少しかけてしまったが、
代わりに新しく登場した「トランスフォーマー」シャイア・ラブーフケイト・ブランシェット
盛り上げていた。
製作延期の原因となっていた脚本待ちをした甲斐は本当にあったのか?疑問だけど、
ストーリー全体は、イマイチ026.gif
昔懐かしく観に来た中高年率の高さには驚いたけど、ザ・ハリウッド的な1本でした。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-29 18:07 | MOVIE

告発のとき

今日は、渋いけど良い作品を観ました。
『告発のとき』e0023223_1534982.jpg2004年、ハンクの元にイラクから戻った息子のマイクが基地へ戻らないと連絡が入る。息子の行方に疑問を持ったハンクは、基地のある町へと向かう。帰国している同じ隊の仲間たちに聞き込みを続けたが、皆マイクの行方を知らなかった。部屋に残されたマイクの携帯を勝手に持ち出し、一人探しはじめるハンク。やがてマイクの焼死体が発見されたと宿泊先に連絡が。ハンクは地元警察の女刑事エミリーの協力を得て、事件の真相を探ろうとするが…。

「クラッシュ」でアカデミー作品賞を受賞したポール・ハギス
脚本家としても「ミリオンダラー・ベイビー」「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」など
大活躍の彼の監督最新作。
派手さはないが、濃厚な人間ドラマ。
重々しいテーマを含んでいるせいか一般ウケはしづらいが、
作品自体のクオリティはとても高い。
父親を演じるトミー・リー・ジョーンズは、春に公開された「ノーカントリー」よりも
ずっと素晴らしい演技を披露している。
大人向けの作品だが、見ごたえは充分です!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-28 23:10 | MOVIE

歌舞伎 『新薄雪物語』

友達がチケットを貰えたとかで、歌舞伎を観に行きました。
演目は、『新薄雪物語』
清水寺へやって来た幸崎家の薄雪姫と、園部兵衛の子息の園部左衛門は、
それぞれの家臣の手引きによって恋仲となり、後日再会を約束して別れた。
一方、刀鍛冶の団九郎は、左衛門の奉納した刀にやすり目を入れ、
左衛門を陥れようと画策し、幸崎、園部両家を取り潰そうとする。
左衛門と薄雪姫に謀反の疑いがかかり、二人は困惑するが・・・。と、まあ
こんな感じのお話です。

私は2部までしか観れなかったけど、ラストの松本幸四郎
中村吉右衛門の切腹シーンは見ごたえあったそうです。
吉右衛門の方が弟ってのがいまだに信じられないけど
迫力は吉右衛門の方が圧倒的にあります!
市川染五郎もお父さんより芝居がやはり上手。
昔はあまり好きじゃなかったけど、色気があってなかなかイイ男ですね。

Aちゃん
途中で帰ってごめんね。
お誘いありがとう040.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-22 15:24 | LIVE

奇跡のシンフォニー

泣く泣くと言われて見に行った『奇跡のシンフォニー』
e0023223_1442474.jpg両親が必ず迎えに来ると信じながら、養護施設で暮らしていた孤児のエヴァンは、天性の鋭い音感を持っていた。両親に会いたい一心で施設を抜け出し、NYのマンハッタンへと向かったエヴァンは、そこでウィザードと名乗る男に会い、ギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。だが、人気とともにお金になると感じたウィザードの執拗なまでの束縛から逃げ出そうとしたエヴァンは、偶然の出会いにより音楽学校への特別入学を果たす。一方、結ばれぬまま別れたエヴァンの母ライラと父ルイスも導かれるようにマンハッタンへ。そしてある夜、エヴァンが初めて指揮をとるオーケストラの野外演奏会が開かれることに。それぞれの想いを胸に、奇跡が起きようとしていた・・・。

音楽を愛し、信じる3人の奇跡を描いた感動作。
主演は、演技力は抜群だが、年齢不詳。
いつまでも子役を演じ続けるフレディ・ハイモア
この子は本当はいくつなのだろう?
母親役のケリー・ラッセルと父親役のジョナサン・リース=マイヤーズ
いつも脇役、イマイチパッとしない感じだけど、
今回はそのオーラが薄い感じが幸いだったのか音楽こそが主役の雰囲気になっています。
泣く泣く言われるほど、意外にも泣き所は少なかったが、音楽好きにはオススメ060.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-21 22:40 | MOVIE

名古屋ランチ

e0023223_1755921.jpg


今週は、名古屋出張。
駅直結の高島屋の上にあるレストランで、
どこでも食べれるようなハンバーグをついつい食べてしまいました。
ハンバーグってたまーに無性に食べたくなりませんか?

作りたてのってホント美味しい043.gif

夜はひつまぶしでも食べたいな~017.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-18 15:54 | FOOD

翌日も3連チャン

2日続けて、また3本立てをしてしまいました。
1本目は『パリ、恋人たちの2日間』
e0023223_1541527.jpgフォトグラファーのマリオンとインテリアデザイナーのジャックは付き合って2年目のカップル。ベネチア旅行の帰りに猫を引き取るため、彼女の実家があるパリに立ち寄った。ジャックは、彼女の家族の自由奔放ぶりに圧倒される。街に出れば、次々とマリオンの元カレに遭遇し、親しげに話す彼女の姿に戸惑いを隠せない。嫉妬心で彼のイライラは頂点に立ってついに彼女とケンカをしてしまう・・・。

マリオン役のジュリー・デルピーが、監督、主演、脚本、編集、音楽、主題歌と
一人何役もこなした傑作。
だいぶ年を取ったけど、この人はリアクションが凄くカワイイ女優さんです。
カップルの危機を2人の息の合った掛け合いで見せていく流れは、
昔のウディ・アレン映画みたいです。
恋人がいる人もいない人もこの主人公たちを見て、
そばにいる身近な人への愛情を感じてみるのも良いのでは?
評価 ☆☆+0.5

2本目は『REC』
e0023223_15412291.jpgレポーターのアンヘラは、ケーブルTVのレポーター。あるアパートに出動する消防団に同行取材を行ったが、建物はすぐさま外側から封鎖されてしまう。中に閉じ込められた彼女たちと住人はとりあえず通報現場に向かうが、そこにいたのは、血まみれの老婆だった。警官にかみ付いた老婆は、忽然と姿を消すが、それが彼らの起こる恐ろしい変化の始まりだった・・・。
果たして、彼らは建物から脱出できるのか?

テレビ番組クルーの手持ちカメラ視点でとらえているので、
「クローバーフィールド」のような手振れがひどく、
ちょっと気持ち悪くなるうえに、ドキュメンタリーのような
素人っぽいできあがりのパニック・ホラー。
本国スペインで大ヒットを記録し、ハリウッドでもリメイクされることが決まった今作。
ドキドキしっぱなしなので、心臓の弱い方には絶対勧めませんが、
久しぶりにB級ながらも楽しめたホラーでした。
評価 ☆☆

今日の最後は、アカデミー賞や各国の映画祭でも賞レースでかなり話題となった『JUNO』e0023223_15413641.jpg16歳のジュノは、バンド仲間のポーリーと興味本位で一回だけしたセックスで妊娠してしまう。親友リアに「中絶するつもり」と報告するが、中絶反対運動中の同級生に「赤ちゃんにもお腹にいるときから爪が生えている」と聞き、突然変更して産む決心。両親に告白し、子供を欲しがっている理想的な若夫婦を見つけ、里子に出す契約を交わしたジュノは、しだいに大きくなるお腹を抱え、通学する生活を始めるが・・・。

今どきの16歳の女子高生とその家族や里親志願の夫婦など、
現実的かつちょっと変わった感覚で面白おかしく描いたドラマ。
アメリカではわずか7館での公開から2448館に拡大し、
ついに興収全米第2位へと大躍進したヒット作品。
デビュー作でアカデミー賞脚本賞を受賞した
元ストリッパーの脚本家ディアブロ・コディ自身のちょっと変わった感じが
そのまま主人公に反映したかのようでした。
ジュノを演じたエレン・ペイジもハマり役だったが、あまりにもハマっていたせいか
次の役でどうバケれるか見ものです009.gif
残念ながら話題になってから公開まで時間が経ちすぎてしまい、
観客はまばらだったけど、家族の温かさを感じるなかなかの作品でした001.gif
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-16 20:45 | MOVIE

またも3本立て

劇場におじさんばかりいたので、かなりういてましたが・・・
『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』を観ました。e0023223_15301243.jpg愛する家族とビジネスの成功を手に入れ、誰もが羨む人生を送るブルックス(ケヴィン・コスナー)には、裏の顔があった。それは、“指紋の殺人鬼”として殺人を繰り返す天才連続殺人鬼。殺人への衝動を抑えきれず葛藤した末に、殺人をやめる決意をした彼は、最後と決めて犯行。だがそこで初めてのミスを犯し、完ぺきだった二重生活は次第にほころんでいくのだった・・・。

ケヴィン・コスナーが、めずらしく殺人鬼に扮したサイコ・スリラー。
追い詰める女性刑事をデミ・ムーアが演じていたけど、
この人、芝居がヘタそうに見えてしまうからちょっと可哀相な女優さんですね026.gif
最後の殺人で殺される男性に「SEX AND THE CITY」シリーズでスミス役を演じている人がチョロっと出ていたり、ほかにも映画通の人たちにしか分らないマニアな役者たちも登場しているので、探してみるのも面白いかも!?
評価 ☆+0.5

場所を移動して、『ラスベガスをぶっつぶせ』を観ました。
e0023223_15303153.jpgマサチューセッツ工科大学に通うベンは、ハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学費を払えず頭をかかえていた。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密の研究チームに勧誘される。そこでは、優秀な学生たちにブラックジャックの必勝法を習得させ、ラスベガスに乗り込んでは大金を稼がせていたのだった。学費のためにチームに入ることを決めたベンは、天才的な数学力を発揮するが、そこには、罠が待ち受けていた・・・。

イケメンなのかイマイチなのか、顔が微妙なジム・スタージェスが主役。
彼は「アクロス・ザ・ユニバース」「ブーリン家の姉妹」など、公開作が続く若手俳優。
貧乏でオタク学生はある意味似合っているが、ケイト・ボスワース
彼女に持つことができるってのは話がウマ過ぎる!
MITの秀才学生チームによるラスベガス攻略という話は、実話。
ケヴィン・スペイシーが、若い生徒たちを勧誘し、攻略方法を教える教授を演じている。
作品に惚れ込んでプロデューサーまでやっているらしいです。
「キューティ・ブロンド」ロバート・ルケティック監督が、
ラブコメとは違うスリルある青春映画に仕上げていて、なかなか面白い作品でした001.gif
評価 ☆☆

今日の締めは、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
e0023223_1530422.jpg
アメリカテキサス州の下院議員チャーリーは、女性が大好きで、秘書は美女揃い。昼から酒を飲むほどの超お気楽政治家。だが、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを気にしていた彼は、国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルしか用意していない事を知る。委員会のメンバーである彼は、予算を倍にするよう指示するが、付き返されてしまう。そんなとき、テキサスで6番目の富豪で、反共産主義者のジョアンがチャーリーに目をつけ、アフガニスタンを救うよう彼に近づいてくる。
セレブで反共産主義のジョアンとはみ出し者CIA捜査官ガストと組み、アフガニスタンの現状を視察したチャーリーは、心動かされて人類史上最大のプロジェクトを成功させることに。

舞台は、米ソが対立する冷戦時代。
トム・ハンクスジュリア・ロバーツフィリップ・シーモア・ホフマン
アカデミー賞受賞俳優たちが競演。
思ったよりも軽いタッチのまま最後まで進むうえに、上映時間も短い。
わざわざDVDは借りないかなと思うような作品で、期待はずれでした044.gif
評価 ☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-15 23:45 | MOVIE

札幌ランチ

e0023223_17535738.jpg


担当代えをするので、いつも1人だったのが上司を含め
3人で札幌出張に来ました。
お昼は、代理店の方にお寿司をご馳走になっちゃいました001.gif
やっぱり、北海道は食べ物がウマイ!!
夜は何を食べるのだろう?
楽しみ043.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-11 15:53 | FOOD

中目ご飯

e0023223_17531090.jpg


今日は、会社の帰りに中目黒でご飯を食べました。
久しぶりの中目ご飯。
やっぱり美味しい!
Aちゃん、また食べに行きましょう043.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-06 23:52 | FOOD

イーサン・ホーク監督作品。『痛いほどきみが好きなのに』を観ました。
e0023223_15284089.jpgニューヨークに住むウィリアムは、駆け出しの俳優。行きつけのバーで、シンガーソングライター志望の女性サラと出会い、ウィリアムは恋をする。だが、なかなか深い関係になれないウィリアムとサラ。ある日、サラはウィリアムを母に紹介するために実家に連れて行く。そこで彼女の辛い失恋の話を聞いたウィリアムは、映画の撮影旅行に便乗してメキシコに誘うのだが…。

不器用で繊細な男性を演じるのが上手いイーサン・ホーク
『チェルシー・ホテル』以来、7年ぶりの監督作品。
自ら出版した本を映画化した。
「そして、一粒のひかり」に主演してアカデミー賞にもノミネート経験のある
カタリーナ・サンディノ・モレノが主人公が恋に落ちる相手を演じていたんですが、
イマイチかわいくもキレイでもなく・・・026.gif
独特すぎる雰囲気が、一般の客にウケが悪そうだった。
作品自体は、タイトルどおりとっても切なくてイタイ話007.gif
監督の独りよがりにならず、もう少し内容がしっかりしていれば
見ごたえあったかも!?
評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2008-06-03 23:27 | MOVIE