<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アイアンマン

今日は会社の帰りに『アイアンマン』を観て来ました。
e0023223_15351041.jpg軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、アフガニスタンで武装集団に拉致されてしまう。そこでテロリストたちに兵器を開発するよう強いられ、彼は同じく拉致されていた医師インセンと共に兵器を造るフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し始めた。その後、命からがらの脱出を果たし帰国するが、トニーは自社の軍事産業からの撤退をマスコミに発表し、自宅の作業部屋に篭って新型のパワードスーツ開発に没頭する。だが、彼の周囲では恐ろしい陰謀が企てられ、トニーも巻き込まれてしまう…。

マーベルコミックから、また新たなアメコミヒーロー映画が誕生。
お酒やドラッグから立ち直って、すっかり復帰した
ロバート・ダウニー・Jrが主人公を熱演。
キャラなのか素なのか、彼のエロおやじっぷりが全快です!
ヒロイン役のグウィネス・パルトロウが美人秘書の設定だけど
年取っちゃって老けてるから、昔ほどキレイじゃないし、
中身もよくある展開でちょっと残念
続編が気になるように、ラストで新たなキャラクターが登場。
すぐ席を立たない方が良いですよ。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-30 22:34 | MOVIE

グーグーだって猫である

猫がかわいい『グーグーだって猫である』を観ました。
e0023223_1534852.jpg飼い猫サバを亡くした漫画家の麻子は、あまりの悲しみから漫画を描けなくなってしまう。アシスタントのナオミたちは心配するも何もできない。そんなある日、ペットショップで麻子は小さな子猫と出会い、即買いしてグーグーと名付け、しだいに元気な表情をとり戻していったが、突然倒れてしまう。

大島弓子の漫画を映画化。
「ジョゼと虎と魚たち」犬童一心監督。
吉祥寺の街を舞台に描かれているので、行ったことのある人には
「ここ知ってる!」と、思わず言いたくなるシーンがあるかも。
麻子役の小泉今日子の自然な演技とアシスタント役の上野樹里
森三中とのやりとりがコミカルだけど、
女子会話しててなんかカワイイ001.gif
全体的にフワっとしているから力が抜けていくような感じがあるので、
寝不足の人や疲れている人には癒し?
眠くなるかもしれないのでご注意を!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-24 21:41 | MOVIE

コラーゲン鍋

今日は、コラーゲン鍋を食べに行きました001.gif
最近、流行ってますよね。
プルプルのコラーゲンがどんどん溶けていって
鳥のつみれと野菜たっぷりで、体にも良さそう。
お出汁が効いてて、さっぱりだけどかなり美味しかった!
また今度食べに行きたいな~043.gif

溶ける前e0023223_12144595.jpg
溶けた後
e0023223_12145283.jpg

[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-19 23:14 | FOOD

just stand up

がんチャリティのために作られたキャンペーンソング。
唄ってる歌手がスゴイ!!005.gif
マライア・キャリービヨンセシェリル・クロウメアリー・J・ブライジファーギー
アシャンティシアラレオナ・ルイスリアーナキャリー・アンダーウッドほか
総勢15名の女性シンガーが参加しています。
映像は、先日米3大ネットワークで同時放送されたライブの模様。
全員は揃ってないけど、それでも豪華なメンバーなので
ぜひどうぞ060.gif



[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-15 21:47 | MUSIC

先行上映で『ウォンテッド』を観ました。
e0023223_15284534.jpg上司にイビられ、恋人は同僚に寝取られと、散々な日々を送るウェスリー。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織にある日突然、暗殺者としてスカウトされる。会社を辞め、厳しい訓練を重ねたウェスリーは、秘められた才能も手伝って一流の暗殺者となっていく。そして、彼は父を殺した敵である組織の裏切り者、クロスの暗殺任務に就くのだが、そこには意外な展開が待っていた…。

e0023223_1529545.jpgロシアで大ヒットを記録した「ナイト・ウォッチ」の監督
ティムール・ベクマンベトフによって映画化。
独特のビジュアルセンスで迫力あるアクションが
展開しているので予告を見ただけで、絶対面白い!と
期待して劇場に行ったものの、後半勢いが
減退していくので、少しがっかりしてしまいました008.gif
それでも、ジェームズ・マカヴォイアンジェリーナ・ジョリーの二人が、とってもカッコ良くて
久しぶりに、派手なガンアクションを興奮して観てしまいました017.gif
評価 ☆☆

続けてもう1本『イントゥ・ザ・ワイルド』を観ました。
e0023223_15291954.jpg1990年夏、優秀な成績でアトランタの大学を卒業したクリスは、両親からの過度な期待にうんざりし、自分の貯金も投げ打って、たった一人で旅に出た。アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへと移動を続け、出会いと別れを繰り返しながら最終目的地となるアラスカの荒野を目指していた。

個性派俳優として活躍するショーン・ペンの監督2作目。
1992年、実際にアラスカの荒野で死体で発見された
クリストファー・マッカンドレスの旅を「荒野へ」というタイトルで
ジョン・クラカワーが書いたベストセラー。
クリス役は「スピード・レーサー」に出演したエミール・ハーシュ
「スピード・・・」が世界的にコケまくったので、違う意味で有名になってしまったけど
この作品では素晴らしい演技を披露しています。
美しく知的で純粋、そして若さゆえの無謀さを繊細に演じていて
ラストは本当に涙、涙007.gif
心揺さぶられる作品でした001.gif
評価 ☆☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-13 18:27 | MOVIE

20世紀少年 第一章

話題の『20世紀少年 第一章』を観て来ました。
e0023223_17231262.jpgロックスターを目指していたケンジも今では実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てていた。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖がいるカルト教団が、ケンヂら仲間たちが子供の頃に作った「よげんの書」とそっくりだと聞かされる。その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂと仲間たちは立ち上がる。だが、「ともだち」の策略によって、テロリストの汚名を着せられてしまう。

浦沢直樹原作の人気コミックをついに実写映画化。
シリーズ構成を3部作にし、邦画では異例の60億円という
莫大な製作費を投入した大作。
ケンヂ役の唐沢寿明をはじめ、豊川悦司常盤貴子香川照之宇梶剛士
宮迫博之佐々木蔵之介と豪華キャストが揃った。
中でもマルオ役の石塚英彦は、ピッタリすぎて、かなりウケました041.gif
監督は「トリック」堤幸彦
独特な手法を取り入れつつ、浦沢直樹のこだわりに
忠実に描こうとしているんだけど、2時間半ではやっぱりすべては描けないから
かなり削られててちょっと物足りない人もいるかも002.gif
早く第二章が見たくなるような面白い作りになっているので、来年が楽しみ001.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-05 23:59 | MOVIE

ハンコック

六本木で満席の中、『ハンコック』を観ました。
e0023223_17134995.jpg超人的な力を持ってLAで起こる事件や事故を解決するハンコック。だが酒びたりの彼の評判は最悪で解決する際、いつも街に大損害を与えていた。ある日、そんな彼に命を助けられたPR会社に勤めるレイは、ハンコックのイメージを回復しようと作戦を立てる。それは、まず彼を刑務所に入れて罪を償わせ、正義のヒーローとして復活させるという計画。渋々指示に従ったハンコックだが、レイの妻・メアリーはその様子を複雑な心境で見ていた。

ただのアクションヒーローの話かと思いきや、かなりの人間ドラマ。
ウィル・スミスは、本当にカッコイイ001.gif
ヒーローが似合うし、シャーリーズ・セロンも、
ため息が出るほど美しいです。
後半の展開は、ちょっと意外005.gif
期待してなかったので、思ったより楽しめた作品でした。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-03 22:21 | MOVIE

カレー

e0023223_12141433.jpg


フラフラ歩いてて、なんとなくカレーが食べたくなったので
スープカレー屋 鴻 オオドリーというお店に入ってみました。
スープカレーは久しぶり。
たまに食べると美味しいけど、やっぱり
お母さんのカレーが1番!!003.gif

↓お店のHPはないみたいなので、メニューや外観はこちらでどうぞ↓
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000681453.html
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-02 16:13 | FOOD

12人の怒れる男

今日は映画の日。
『12人の怒れる男』を観に行きました。
e0023223_1533517.jpg
チェチェンの少年が、ロシア軍将校だった養父を殺害するという事件が起きた。少年は第一級殺人の罪に問われ、検察は最高刑を求刑し、有罪となれば一生刑務所に拘束されることとなる。審議も終了し、市民から選ばれた12人の陪審員が、改装中の陪審員室に代わり、学校の体育館へと通された。携帯電話も没収され、全員一致の評決が出るまで幽閉されることとなり、12人の長い審議が始まったのだが・・・。

名作「十二人の怒れる男」をロシアヴァージョンにリメイク。
個性溢れる12人の陪審員たちも各地出身を分けており、
ロシアの時代背景が細かく描かれることによって、とても緊迫感溢れる話になっている。
監督は、「シベリアの理髪師」ニキータ・ミハルコフ
渋いけど、上質な「これぞ映画!」と言える作品です!!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2008-09-01 23:02 | MOVIE