<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日は、予定変更して『ヴィクトリア女王 世紀の愛』を観ました。
e0023223_12541143.jpg史上最高の理想のカップルとされるヴィクトリア女王と夫、アルバート公。彼らが結婚し、夫婦で政権を収めていくまでには数々の試練が・・・。七つの海を支配し、「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでのイギリスを作りあげた二人の愛の物語。

コスチューム系の歴史ものが好きなおばさまたちが、劇場内にいっぱいで、意外と混みあってて驚きました005.gif
よくある歴史ものに比べるとイマイチ物語の展開に不満が残るものの
母親との確執、王室の権力争い、政治家との駆け引き、スキャンダルなど、
王道な展開はあり、まあまあ面白かったです001.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-27 22:53 | MOVIE

なんだかとっても忙しくて疲れていたので、癒されるかと思い
『かいじゅうたちのいるところ』を観に行きました。
e0023223_13314280.jpg
空想好きな8歳の少年マックスは、母と姉と3人暮らし。最近、母も姉も自分に構ってくれず、寂しいマックスは母親とケンカし、家出をしてしまう。
浜辺にあった船に乗って海に出たマックスがたどり着いたのは、見たこともないかいじゅうたちが棲む不思議な島だった…。

原作はモーリス・センダックの絵本で全世界で2,000万部以上を
売り上げた絵本「かいじゅうたちのいるところ」。
監督は、「マルコヴィッチの穴」スパイク・ジョーンズ
かいじゅうたちがキモかわいく表情も豊かなんだけど、時々
獣に戻っちゃうので、怖いです(笑)
癒されるかと思ったけど、眠くなっちゃったのは気のせい?
不思議な映画でした014.gif
評価 ☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-26 22:09 | MOVIE

今日はシネマライズが1000円デーなので、
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を観てきました。
e0023223_14123155.jpgジャーナリストのミカエルは、大物実業家のスキャンダルを暴いたばかりに名誉棄損で有罪判決を受けてしまう。そんな時、国内の大企業であるヴァンゲルグループの重鎮ヘンリックから40年前に起きた姪の失踪事件の真相解明を依頼される。刑務所への入所までの期間、ヴァンゲル一族の住む孤島で調査を開始したミカエルだったが、真実を明かされたくない一族の誰かによる陰謀によって捜査は行き詰っていた。そこへある日、天才女性ハッカーのリスベットが貴重な情報を提供するのだが・・・。

スウェーデン発のミステリー「ミレニアム」3部作の映画化第一弾。
本国では、大ヒットした作品で、続編も期待されています。
本は、このミステリーがすごい!に選ばれ、公開後ランキングも上昇中だそうです。
正直、リスベットにはかなり驚かされるシーンがたくさんあってびっくりしつつ
笑ってしまうような部分もあります。
謎に満ちた過去が次作以降、どう描かれるのか楽しみです。
出版直前に急死した原作者スティーグ・ラーソンもジャーナリストだっただけに、
気になる!!
映画を観てると、「ニキータ」「フィフス・エレメント」のような
たくましい女性の強さと弱さを描いた作品を思い出します。
全体的にもよくできたサスペンス。
続きが日本でも公開になることを願いします001.gif
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-19 23:08 | MOVIE

500日のサマー

恵比寿から川崎に移動して、『500日のサマー』を観ました。
e0023223_1332848.jpg建築家の夢をあきらめグリーテイングカードの会社でライターをしているトムは、ある日、新入社員で入ってきたサマーと出会い恋に落ちる。サマーもトムに好意を抱き、2人はデートを重ねていくのだが、ロマンチストなトムに対し、サマーは真実の愛などないと信じ、友達以上恋人未満の関係についにトムが苛立ち始め二人の関係が変化していく・・・。

すべて男性目線で描かれた草食男子の悲しい恋物語。
女性が身勝手に描かれているけれど、思い込みの激しい彼も勝手。
どっちもどっちだと思うのは私だけ?
思い込み恋愛の決定版と言ってもいいくらいお子ちゃまで若いな!って
感じな恋なんだけど、きっと多くの人が一度は経験する失敗談。
過去を思い出す人も多いかも!?
主役のカップルを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットズーイー・デシャネル
まさにハマリ役。
IKEAのシーンは、カップルなら真似したくなるような甘酸っぱいシーンだし、
ズーイーの劇中ファッションは、女子ならマネしたくなるほどカワイイ001.gif
余談ですが、ズーイーのお姉さんは、BONESで主役のブレナン博士を
演じているエミリー・デシャネルです。
顔似てる045.gif

決してハッピーエンドではないけれど、ロマンチックな気持ちになれるので
オススメです006.gif
評価 ☆☆+0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-17 20:08 | MOVIE

千年の祈り

朝から今週末で終わる『千年の祈り』を観てきました。
e0023223_15591961.jpgアメリカで暮らす一人娘が離婚したため、はるばる北京から父親がやってくる。妻に先立たれ、覚えた料理を作りながら娘の帰りを待つ日々。食卓を囲む二人に交わされる会話はほとんどなく、父親は娘を心配する。そんな父親も長い間、家族を守るために一つの“嘘”をつき続けていた・・・。

互いに相手を想うものの、不器用な中国人の父と娘の日々を
淡々と描いてるだけなので、大きな変化はないのですが、
タイトルどおり、静かに祈り続ける父親の姿は涙してしまいした。
監督は、「スモーク」ウェイン・ワン
地味な作品ですが、深い映画でした001.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-17 18:44 | MOVIE

つるとんたん

e0023223_1112850.jpg
e0023223_11121919.jpg


試写の後、あまりにも寒かったのでつるとんたんでうどんを食べて帰りました。
久しぶりに来たけど、やっぱりここのは、美味しい!!

待たずにすぐ入れて良かった~060.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-12 19:11 | FOOD

50歳の恋愛白書

今日は、仕事で試写を観ました。
作品は、『50歳の恋愛白書』
e0023223_13322795.jpg50歳のピッパ・リーは、年上のベストセラー作家と結婚し、2人の子供を育て、完璧な母・妻を30年近く演じ、誰もが理想の妻として羨む存在。退屈で息苦しい自分の気持ちを誰にも言えずにいたある日、近所の老夫婦の息子クリスが戻ってくる。15歳も年下な彼と出会い、ピッパは変わっていく自分を感じるのだが…。

戯曲家、アーサー・ミラーの娘、レベッカ・ミラーが書き下ろした作品で
監督も務めています。
出演は、主人公のピッパをロビン・ライト・ペン
彼女の若い頃を「ゴシップガール」で人気のブレイク・ライヴリーが演じていて、どこか暗さがあるのに不思議な魅力を持った女性ピッパを違和感なく演じています。
その他のキャストもアラン・アーキンキアヌ・リーヴスジュリアン・ムーアウィノナ・ライダーマリア・ベロモニカ・ベルッチなど豪華。

とくにウィノナ・ライダー演じるダメ女は、こういう人ってけっこういるよなーって
思えるので、ぜひ劇場でチェックしてみてください006.gif

公開は、2/5(金)からです061.gif
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-12 17:11 | MOVIE

高千穂

毎年恒例になった1月3連休の実家帰省。
今年は、後厄のお祓いをしつつ、家の近くと高千穂にある荒立神社や天岩戸神社にお参り。
天岩戸神社では、パワースポットとしても知られる岩でできた洞窟まで
ちょっと歩いて行って、不思議なパワーをもらってきました。
もらいすぎたのか頭痛がしてきたけど、通りの茶屋で蒸しパンを見つけたら
痛かったことも忘れて、蒸したての熱々な蒸しパンをほおばり回復。
食いしん坊ってことですかね(笑)

景色が良かったので写真を撮ってみました!001.gif

e0023223_1585181.jpg
e0023223_159136.jpg
e0023223_1591243.jpg
e0023223_1592236.jpg

[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-09 18:07 | 日記

ヴォーグ編集長の実態

今日は、東京大神宮には友達と初詣。
朝、8:50に集合した甲斐あって、9:40からの祈祷に申し込みができました!
ここの神社では、初祈祷でしたが、恋愛で有名なので、厄払いより良縁で神頼み。
効き目があるかは、来年にならないとわかりませんが、信じるものは救われる?って
いうので信じたいと思います(笑)

その後、友達と別れ、新宿で『ファッションが教えてくれること』を観ました。
まだやってて良かった~001.gif
e0023223_12434214.jpgアメリカ女性の10人に1人が読むと言われるファッション誌米版ヴォーグ。『プラダを着た悪魔』メリル・ストリープが演じた鬼編集長のモデルにもなった名物編集長、アナ・ウィンターに密着したドキュメンタリー。
秋の特大号・9月号が、ファッション界でいう新期となるそうで、その準備は5ヶ月前からスタートし、編集部員は編集長のアナに特集テーマを提案するものの、次々と却下されていきます。アナと20年来の付き合いがあるクリエイティブ・ディレクター、グレイスの特集すらポイポイとボツにする始末。スタッフたちは落ち込んだり、反発しながらも一生懸命作っていくという、まさにファッション誌や業界の裏側が赤裸々です。

妥協をせず、完璧を追い求めるプロフェッショナルなアナの仕事への姿勢と、
一人の女性としての生き方にびっくりしたり、共感を覚えます。
アナのようにはならないし、なりたくないけど、働く女性の1人としては
勉強になるかも!?
劇場に一人で来ている女性が多かったのは、納得。
これは、だれかとというより1人で観るのがオススメです!!
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2010-01-02 17:50 | MOVIE