<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

豆乳にプリン!!

e0023223_16335256.jpg
紀文の豆乳にプリンが登場!
かなり甘いです026.gif
杏仁と違い、コンビニでかなり見かけるので、
入手は楽かも001.gif

1回試すのは、アリだと思います(笑)
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-25 15:04 | FOOD

生田VS藤原

今日は、イケメンの出ている日本映画を2本立てしました。
1本目は、『人間失格』
e0023223_17401257.jpg津軽で有名な資産家の息子として育った大庭葉蔵は、周囲と馴染む手段として道化を演じていたが、クラスメイトの竹一に見抜かれ、彼から女にモテることと、偉い絵描きになるという予言を受ける。その後、高等学校に入るため上京した葉蔵は、同じ画塾に通う堀木と出会い、お金を湯水のように使って、飲んで遊んでの放蕩暮らしをしていた。だが父親の引退により生活苦に陥り、竹一の予言どおり葉蔵は女を頼り、不自由するこく暮らすのだった。金なしでも酒を飲ませてくれるカフェの女給・常子と同じ寂しさを感じた葉蔵は、ある日、鎌倉の海で心中を図るのだが、死んだのは常子だけだった…。

幅広い年齢層に読みつがれる太宰治の傑作「人間失格」を映画化。
主人公・葉蔵を演じるのは、生田斗真
ジャニーズの中でも異色な彼らしく、繊細な主人公を熱演しています!
寺島しのぶ室井滋大楠道代三田佳子とベテラン女優たちも
どこか寂しそうで幸薄い女を見事に演じていて、時々怖いくらいです025.gif
V6の森田剛だけ、バーターで出たのだろうと思いますが、他に役者はいなかったの?と
言いたくなるくらい浮いてました008.gif
監督は、「赤目四十八瀧心中未遂」で数々の映画賞を受賞した荒戸源次郎
生田斗真を美しく撮るというテーマどおり、映像はとても美しかったです001.gif
タイトルどおり重い映画なので、生田くんのファンだからと言って
興味本位で観にきた人にはついていけないかも!?
評価 ☆☆

2本目は、『パレード』
e0023223_17364196.jpg映画会社勤務の直輝、自称イラストレーターの未来、恋愛依存症で無職の琴美、先輩の彼女に恋する大学生の良介の4人は、2LDKのマンションでルームシェアをしている。ある日、男娼のサトルが突然現れ、そのまま居座ったサトルは、新たな同居人となる。そのころ近隣では、連続暴行事件が起こり、サトルを皆が疑い出すのだが…。

山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名作を行定勲監督が映画化。
出演は、藤原竜也香里奈貫地谷しほり林遣都小出恵介
人気実力ともにある5人が、お互いの本心や秘密を隠しながら
うわべだけの居心地の良い関係を自然体で演じていて
他人に本心を悟らせない感じがかなりリアルで、今時の人間関係らしくて
共感してしまいました。
最後は、ゾッとしてしまいつつ、どこかホッとする
久々に面白い日本映画でした004.gif
評価 ☆☆0.5
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-22 23:35 | MOVIE

久々のチーズフォンデュ

e0023223_11402437.jpg

結婚したての先輩の家へ遊びに行きました。
いつも遊びに行くとチーズフォンデュを食べている気がしたので
今回も注文!
Tさん、作ってくれてありがとうございます040.gif

ご主人は不在だったので、二人でマイケルのthis is itを鑑賞!
座りながらだったけど、二人で踊ってました012.gif

またそのうち、遊びに行きます!!
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-20 23:39 | 日記

戦場でワルツを

今更ながらやっと観ました『戦場でワルツを』
e0023223_12425114.jpg2006年、イスラエル。ある日、映画監督のアリは、友人のボアズから26匹の犬に追いかけられる悪夢の話を打ち明けられる。彼は、若い頃に従軍したレバノン戦争の後遺症だと言うが、同じように従軍したアリには当時の記憶がない。それから不思議に思うアリは、かつての戦友らを訪ね歩き、当時の自分が何をしていたかを探る旅に出ることにしたのだが…。

内容のせいか実写では描きづらいものも斬新な映像をアニメーションで表現していて
ほぼドキュメンタリー映画。
戦争の残酷さがリアルなのに、どこかファンタジーのようです。
日本は平和ボケしているせいか、より現実感がないと感じる人がいるかもしれませんが、
レバノンで起きた住民虐殺事件は現実にあったことだし、
最後は胸が締め付けられそうになるけど、世界にはいろんなことが毎日起きていて
こういう作品だからこそ、いろんな人に観てほしい映画だなぁと思いました。
評価 ☆☆
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-17 23:42 | MOVIE

まねきねこダックカフェ

今日は、21日までやっているまねきねこダックカフェに行ってきました。
混んでて少し待ったけど、すぐ座れました。

e0023223_12251522.jpg
     入場者に配布される携帯クリーナー。
e0023223_12243379.jpg
          お子様プレートは¥650。
e0023223_12244657.jpg
          カプチーノにもまねきねこダック!
e0023223_1741974.jpg
          完売してた奥沢ロール。食べたかった~(>_<)
e0023223_12244074.jpg
     おみくじも引けます。大吉以外見たことがないけど、凶はあるのかにゃ~?
e0023223_1225636.jpg
     歴代のアフラックたち。
e0023223_12245143.jpg
     ピンクバージョンの大きなまねきねこダック。
e0023223_12245876.jpg
          着ぐるみ登場!
e0023223_12251192.jpg
          ポーズ取ってる。かわいい053.gif

店員さんの接客が夕方は、疲れのピーク?なのか微妙でしたが044.gif
まねきねこダックはかわいかったし、楽しめました001.gif
ただ、奥沢ロールのまねきねこバージョンが完売していて食べれなかったのが残念007.gif
皆さんも、お時間ある方は、ぜひ!!
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-17 22:24 | FOOD

ひなまつり

e0023223_10392544.jpg


実家の雛人形が飾られたようで、写真が届きました。
早く嫁に行けと催促されている気がして胃が痛い…008.gif

しかし、この7段飾り、祖母が私が幼少の時に購入したものなので
すでに十数年たってる気が…005.gif
物持ちいいなぁ~025.gif

ひなまつりが終わったら、即片づけてもらい
早く嫁に行けますように…037.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-17 10:39 | 日記

We Are The World

ハイチ救済のため、25年ぶりにスターたちが集結した
We Are The World
アメリカのこういうチャリティーへの貢献には、
心から関心するし、素晴らしいことだと思います。
itunesで購入もできます。売上は、もちろん救済に使われるそうです。
ジェニファー・ハドソンセリーヌ・ディオンは、やはり相当歌唱力あるので、
納得ですが、今風にラップが入ったアレンジになっていて
新鮮です001.gif
マイケルの映像も追加されてるし、
25年前を知らなくても知ってても聞いてみてください060.gif


[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-16 13:38 | MUSIC

手作りマカロン

e0023223_1549298.jpg

バレンタインデーが今年は、日曜だったので
本日出社したら、会社の女の子の手作りマカロンが机の上に!
きっと、余っちゃったのかなー(笑)

とはいえ、美味しかったので満足043.gif

S様、どうもありがとうございます040.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-15 15:48 | 日記

おいもぽっくる

e0023223_15432911.jpg

地元のお土産を買ったのですが、これって北海道のじゃがぽっくるを
パクってる気が…005.gif
じゃがいもではなく、さつまいもなので、甘塩っぱく
けっこう美味しかったです006.gif

また今度、買ってみようかな~060.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-12 15:43 | FOOD

おとうと

新宿→渋谷と移動し、友達とランチ&お茶後、『おとうと』を鑑賞。
e0023223_014869.jpg東京の一角で、小さな薬局屋を女手一つで営む吟子は、早くに夫を亡くし、娘の小春を育てながら義母の絹代と3人で暮らしていた。小春の結婚も決まり、吟子は安堵していたが、結婚式当日の披露宴に、突然音信不通だった吟子の弟・鉄郎が紋付き袴姿で現れてしまう…。

約10年ぶりとなる山田洋次監督による現代劇。
2008年に逝去した市川崑監督作の『おとうと』にオマージュを捧げた
作品だそうです。
主演は、吉永小百合笑福亭鶴瓶
ダメな弟がぴったりなつるべーとしっかりものの姉を演じた吉永小百合は
まるで本当の姉弟のようです。
ストーリーは、おおよそ予想がつくものの、ある意味
日本の古典的な展開に劇場内のお客たちも笑って最後は泣いてました。
劇中で「金持ちはケチなのよ」と義母が言うシーンで、「そうよ!!」と
言ってたおばさんがいて、場内では笑いと「その通り!」と思った方々が
多数いましたが、満席なのも納得なほど、わかりやすく観終わった後に
良い映画だったねと話ができる、これぞ日本映画って映画でした。
評価 ☆☆

A子ちゃん、今日は、新宿→渋谷と連れまわしてごめんなさい040.gif
[PR]
by hiroko13mk | 2010-02-11 20:40 | MOVIE